« 佐渡裕さん | トップページ | フキノトウ »

2011.02.09

しんゆり歌会(2月)

Umehana001
枝垂れ梅咲く

朝は寒く、小雪まじりの雨が降ったりしていたが、午後にはお日様が出て暖かくなった。市民交流会館「やまゆり」で2月の歌会を開いた。

どこかでひとつ          神川(1席)
横道にはずれた
会話
そこから妙に
話題が弾む

よく見かける光景だが、これをさらりと歌い上げる神川さんのうまさには舌を巻く。女性はおしゃべりが好きだから、つねにこいういう状態になるといって、盛り上がった。歌会でもしょっちゅう横道にはずれる。

急行 快速 特急と        岩重(2席)
乗りついできた
人生の電車
景色を味わい
老後は鈍行で

電車より列車のほうが旅の雰囲気が出るという意見もあったが、作者は小田急線をイメージしたのでそのまま電車にしたとのこと。若いうちはあくせくがんばったが、老後はのんびり景色を味わいながら行きたい。たとえが、いい。

前掛けの紐が           中川(2席)
シャツの袖を
捕縛して
洗濯機の中
いま修羅場となっている

保育園の前で                    染川(2席)
母を見送る
幼子の
袖に隠した
握りこぶし

中川さんの描写力はすごい。水墨画や絵手紙、ハーモニカなどをやっているので観察力があり、感性も豊かである。

親切の押し売りは         高岡
頂けないが
ついやってしまうこともある
でもこれが案外
人生の妙味かもしれない

夜中 私の布団に         島田
スルっと入ってきて
手を繋いで
又 眠った孫
初めて一人のお泊り

京子は中華街の春節の歌。わたしの歌は7点しか入らなかったが、3点を入れてくれた人もいる。ローズマリーの花を知らない人が多く、イメージが浮かばなかったようだ。冬から春にかけて咲くさわやかな花だが、ハーブなのであまり目立たない花ではある。

爆竹の               京子
音と煙で
ごったがえす
春節祭で
パワーをもらう

青い小花を             ripple
水しぶきのように
散りばめて咲く
ローズマリー
いよいよ 春

« 佐渡裕さん | トップページ | フキノトウ »

コメント

木曜日の朝は新聞を広げて
rippleさんの名前を見つけていたのですが
都合で今月からA新聞に変りました~
ちょっと寂しいです。

投稿: namiko | 2011.02.10 14:53

★namikoさん、
コメントありがとうございます。
最近はなかなか載せてもらえません。
考えてみると、選者というのも大変ですね。
あれも載せた、これも載せたい、で。
たまりばーるは行っていますか?

投稿: ripple | 2011.02.10 15:02

染川さんの、袖に隠した 握りこぶし が良いですね。
子供の気持ちがこの一節に込められています。

投稿: A.A. | 2011.02.10 16:01

★A.A.さん、
こういうとき、親も辛いんですよね。

投稿: ripple | 2011.02.10 17:09

何とも言えない妙味のようなものを感じる五行歌が
多いですね。さすがです(^^♪
私も最近はどこででも作りたいとノートをポケットに
忍ばせて、とりあえず書き殴っておきます。
あとで直せばいいかなと思って・・・
書いておかないと1時間もすれば忘れています(^^ゞ

投稿: ミモザ | 2011.02.11 09:16

★ミモザさん、
そうなんです、メモが大切ですね。
わたしも枕元や瞑想するところなどに
メモ用紙を置いておきます。
書いておかないとすぐ忘れます。
書くだけでも記憶の助けになりますね。

投稿: ripple | 2011.02.12 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐渡裕さん | トップページ | フキノトウ »