« しだれ梅 | トップページ | ペンペン草 »

2011.02.24

スチール写真

羽田美智子がスチール写真を撮って歩くという番組があった。NHKの「ゆうどきネットワーク」のなかの「トリタビ」というコーナーだ。きのうは岐阜県恵那市を一眼レフを肩にかけて旅をしていた。好きこそものの上手なれで、カメラの腕もなかなかうまい。鶴瓶の「家族に乾杯」よろしく、ぶっつけ本番で町の人に話しかけたりしていく。

ところでスチールカメラとかスチール写真とかいうが、もとの意味はなんだろう。スチールと聞いて、まず思い出すのは野球の「盗塁」だ。ホームスチールなどというが、あれは stealで、盗むという意味。次はステンレススチールなどというときの steelで、はがね、鋼鉄という意味。アメリカン・フットボールのプロリーグNFLの中にはピッツバーグ・スティーラーズというチームがある。ピッツバーグは鉄鋼の町で、そこのチームだからsteelers(ピッツバーグ鉄人軍)というわけだ。

スチール写真steal photoならば「盗撮」という意味だから、おだやかではない。スチール写真はふつうスナップ写真と同じ意味で使っている。それは分かるが、英語はちょっと自信がない。そこで辞書を引くと、なんということはない still写真のことだある。映画は動画(animation)だが、その一部を静止画(still)にして宣伝用のポスターなどを作るとき、それをスチール写真といったのが始まりだそうだ。英語人はスティールではなくスティルと短く発音するから、少なくともスチル写真というべきだが、なぜかスチール写真と伸ばすようになったらしい。

つまりスチール、またはスティールには、3つの言葉が隠れているのだ。

  steal: 盗む、盗塁する
  steel: 鉄鋼、はがね、ステンレス(stainless-steal)
  still:  静止画、スチール写真

英語を
カタカナ表記するのは
便利この上ないが
和製英語という
くせものがいる


« しだれ梅 | トップページ | ペンペン草 »

コメント

 盗塁といった盗むなんて事がまかり通るスポーツが、キリストの教えに反するって事で、ヨーロッパでは野球が広がらないとか。ホントかどうか?

投稿: 魚衆 | 2011.02.24 22:28

日本に住む外国人がとても上手に日本語を話すのを
テレビでみていると、この人はどうやって日本語を
覚えたのだろうと興味津々。
自分が中学生英語をラジオをで聞いていても
意味の違う似た英語をまるで使い分けられない。

投稿: kei | 2011.02.25 08:32

★魚衆さん、
じゃあ、サッカーのキラーパスなんていうのも
きっと和製英語かもしれませんね。(^-^)

★keiさん、
本当ですね。日本語は語彙が多いし、主語は省くし、
語順はほとんど自由だし、過去も現在形が混ざるし、
漢字・かな・カタカナ、それに外来語と、すさまじい
言語ですからね。信じられません。

投稿: ripple | 2011.02.25 09:06

 ふふっ、写真やってるだけに、知ってました、スチルの意味。
 日本語のあいまいさ故の誤解などが生じるたび、イラっとしますが、まぁ仕方ないですね。

投稿: ぐん | 2011.02.25 11:33

★ぐんさん、
さすが、フォトグラファーぐんさん。
stillがスチールだから英語人もびっくりですね。(^-^)

投稿: ripple | 2011.02.25 13:16

そういえば日本人が英語をしゃべれない理由の一つにカタカナの存在がある、というのをテレビでやってましたね。この3つのスチール、うまく発音で区別できそうにありません!!

投稿: エノコロ | 2011.02.25 15:49

★エノコロさん、
ヤングレディーなんていう雑誌がありましたが、
あれもレイディーで、レは舌が上あごに付いて
いないと通じませんね。tをティーでなくチー
ではまったく別のものになってしまいます。
それでもビタミンCのCをNHKがスィーと発音
させるほどではないような。そうしたらビは
ヴィにしなければ。(^-^)

投稿: ripple | 2011.02.25 16:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しだれ梅 | トップページ | ペンペン草 »