« 井の頭公園 | トップページ | がん死亡率激減! »

2011.01.13

ジブリ美術館

Inokasira0032
三鷹の森・ジブリ美術館

井の頭公園の「小鳥の森」に行くとき、「三鷹の森・ジブリ美術館」があったので寄ってみた。係員が「チケットを持っていますか」と聞く。「いいえ、持っていません。ここでは買えないのですか」というと、そこのローソンで買って来てくださいという。なんでそんな面倒なことをするのかと聞くと、ジブリ美術館をゆっくり見てもらうために定員を設けていいるためだそうだ。10寺、12時、14時、16時の4回の時間帯に分け、ローソンで希望の時間帯のチケットを発券してもらうのだそうだ。美術館で売ると、速いもの勝ちで大混乱になるからだという。

Inokasira0031

ちょうど14時少し前だったので、京子がローソンに行って入場券を発券してもらってきた。入口からまず地下に降り、映画館で15分ほどの短編アニメを見る。ここも20分単位で定員を設けているので、みんながゆっくり座って見ることができる。日本のアニメの評判が高いせいか、外国人が多かった。映画は宮崎駿の最新作『パン種とたまご姫』といい、なかなか面白かった。大人もじゅうぶん楽しめる。

Inokasira0033

Inokasira0034

美術館には、アニメ制作の現場を手にとるように見せてくれる。発想をもたらす書籍、背景に使う絵の元になる写真、下書き、絵コンテ、セル画、ぱらぱら漫画などが展示されている。小さい子たちは巨大なネコバスの中に入ったりして遊べるようになっている。ここには夢がある。感動がある。発見がある。建物自体がちょっとした迷路のようになっていて、2時間いても飽きないだろう。とにかく一見の価値がある。

Panndanetotamagohime
パン種とたまご姫(ジブリ美術館HPより)

http://www.ghibli-museum.jp/

こんな仕事が
できたらいいな
それを実際に
やってしまった
宮崎駿監督

ディズニー映画「白雪姫」は
感動ものだった
スタジオ・ジブリは
それを越える衝撃を
世界に与え続けている

« 井の頭公園 | トップページ | がん死亡率激減! »

コメント

当日でも入館できるようになりましたね!
パン種とたまご姫観たい・・・

宮崎駿監督の作品制作へのこだわり
苦しくとも楽しく好きな事を続ける
究極の心の内に惹かれます・・

投稿: あおむし店長 | 2011.01.14 10:22

★あおむし店長さん、
1秒に24コマぐらいのセル画をつくるのでしょうか。
気の遠くなるような作業ですね。しかしその過程は
充実しているでしょう。達成感は格別でしょう。
いい仕事をしていますね。まったく、すごい。
パン種とたまご姫、必見です。(^-^)

投稿: ripple | 2011.01.14 11:54

 当日チケット購入することが出来るようになったのですね。
 ずっと行ってみたいと思っているのですが、チケットの件と、あと三鷹までのアクセスがびみょーで。
 1秒24コマのことを昔から「フルアニメーション」と呼びます。昔のディズニーアニメがそれでした。もちろん白雪姫も。
 日本のアニメの祖は鉄腕アトムですが、人手と資金不足の関係でフルアニメーションには出来ず、かなりセル画を間引いて作ったのです。が、逆にその方が観る側に違和感を与えなかったので、以来ジャパニメーションは部分的にしかフルアニメーションにしません。
 でも宮崎アニメはかなりセル画が多いですね。
 ディズニーは全てCGにしてしまい、自分に言わせれば、あれはアニメではないです!!。
 宮崎監督、いつまでも元気で、作品をこれからも送り出してほしいですね。

投稿: ぐん | 2011.01.14 12:38

★ぐんさん、
定員に達していなければ当日買えるということでしょう。
水曜日だったので、たまたま空いていたのかもしれません。

ぐんさんはアニメに詳しいのですね。それではぜひ行ってください。
大人でも十分すぎるぐらい楽しめます。宮崎駿という人が近くなりました。
発想のやわらかさ、絵の美しさに、脱帽ですわ。(^-^)

投稿: ripple | 2011.01.14 12:47

わぁ~行って来られたのですね。うらやましいです。
もう、ずーっと行きたいと思って、全国大会などで
東京方面へ行く度にチケットを購入しようと
試みているのですが、いつもいっぱいで、取れません。

カルピス劇場と呼んでいた世界の名作シリーズ
「アルプスの少女ハイジ」「あらいぐまラスカル」などの
作品の数々は、まだ宮崎駿さんを知らない子どもの頃から
大好きでした。
色んな作品を思い返せば、独自の世界、センスに、
子どもながらに惹かれていたのですね。

嗚呼、いつか行ってみたいです。

投稿: サマンサ | 2011.01.14 21:54

★サマンサさん、
やはり土日などは満員になるのでしょうね。
水曜日でもかなり込んでいましたから。
わたしはなぜか「みずぐももんもん」というのが
印象に残っています。とにかく宮崎アニメは奥が
ふかいですね。映像の美しさに見惚れていると、
テーマが分からなくなってしまう。難解なのも
少なくありませんね。(^-^)

投稿: ripple | 2011.01.15 08:47

隣県(兵庫県 宝塚市)にある手塚治虫記念館へ行きたいと、ず~っと思いながら実現していません。

ジブリ美術館もおもしろそう。ネットで我慢します。

投稿: 魚衆 | 2011.01.15 16:27

★魚衆さん、
宮崎駿という人物は、やはり只者ではありませんね。
近くの向ヶ丘遊園跡地に「どらえもん館」ができます。
子供たちは喜ぶでしょう。

投稿: ripple | 2011.01.15 16:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井の頭公園 | トップページ | がん死亡率激減! »