« 公孫樹を切る | トップページ | 霜柱 »

2010.12.17

ハンドルネーム"ripple"

インターネットではもう長いことripple(リプル)というハンドルネームを使っている。はじめは「陽ちゃん」という名前で掲示板に投稿していたが、わたしが年輩だと知ると「陽ちゃんさん」などと書いてくる人がいるので、それをやめてrippleにした。rippleは英語で「さざ波」「小波」という意味で、ripples と複数形で使われることが多い。ま、名前として使う場合は、単数形のrippleでいいだろう。

どうしてrippleという名前を使っているのか。それはちょと話が長くなる。もう20年ぐらい前になるだろうか、ドイツ人の友だちが家に遊びに来た。彼は鍼灸の勉強をしに日本に来たのだ。そのとき、なにやら訳のわからないテープをかけて聞いていた。わたしが何のテープと聞くと、パーリー語のブッダの話だという。ときどき座禅のようなこともしている。

Centerそれがヴィパッサナー瞑想法であるということを後で知った。やがて、京都の丹波で行われたヴィパッサナー瞑想の10日間コースに参加した。一日10時間以上瞑想するのはつらかった。眠い、足が痛い、雑念がわく。コースのあいだは沈黙を通すことになっているが、これは意外にらくだった。食事の午前中だけで、夕食はなかったが、それほど苦ではなかった。

最初の3日間はどうやって瞑想センターを抜け出そうかとばかり考えていたが、不思議なことにだんだん瞑想に慣れていった。はじめは呼吸に意識を置く瞑想をしていたが、4日目からは全身の感覚を観察する瞑想法になった。すると一日3回行う1時間のグループ瞑想では、からだを動かさないように言われる。そのころになると1時間ぐらいならじっと座れるようになった。

5日目の夜、劇的な体験をした。表現が難しいけれど、自分のからだが微粒子の集合体であり、その微粒子がものすごい速さで震動していることを体験したのである。それから、なんとなく万物が波動でできていると感じるようになった。その後の瞑想は穏やかだったが、何度もからだが静電気の膜のようなもので包まれるのを感じた。細かい波が寄せては返すのである。まるでさざ波(ripple)のように。

そのことを思い出して、ハンドルネームをrippleにすることにしたのである。リプルというと、その響きから女性と間違える人もいたが、インターネットでも五行歌でもずっとrippleで通している。リップルさんと言う人もいるが、英語ではほとんどリポーと聞こえるから、リプルでいいだろう。五行歌の呼称は漢字かひらがながいいのだろうが、これを変える機会を失ってしまった。

ヴィパッサナー瞑想はいまも毎朝つづけている。朝晩やるといいのだが、少なくとも朝だけは1時間すわっている。心身ともに調子がいいし、ものごとがスムーズに運ぶような気がして、やめられない。ブッダが実践した瞑想法に縁をいただいたことを実に幸運だと思っている。

日本ヴィパッサナー協会
http://www.jp.dhamma.org/index.php?L=12

わたしのヴィパッサナー瞑想体験記
http://homepage2.nifty.com/yokido/10.meditation/meditation0.htm

ヴィパッサナー瞑想では
呼吸を見つめ
からだの感覚を見つめ
つねに心を平静にして
微細な現象を観察する


« 公孫樹を切る | トップページ | 霜柱 »

コメント

なるほどですね。
ハンドルネームの秘密を知りました。

インドという国は不思議の国です。
パンドラの箱をひっくり返したような国ですね。
混沌としてしかし厳然たる重みの中で静謐な時間と悠久の歴史が流れています。

ぼくの好きな国の一つです。

投稿: 荒野人 | 2010.12.17 23:35

★荒野人さん、
インドはまだ行ったことがありません。
いつか、ブッダの聖地を巡礼していと思います。
発祥地インドでブッダの教えがあまり普及して
いないのが残念です。

投稿: ripple | 2010.12.18 11:43

 童話リップ・ヴァン・ウインクルの短縮形なのかなと推測していました。残念、はずれました。dog

投稿: マッコウオヤジ | 2010.12.23 09:13

★マッコウオヤジさん、
なつかしいものを思い出しました。
「波」や「漣」でもよかったのですが、
すでに誰かが使っていたのでrippleに
しました。vibeでもよかったかな。

投稿: ripple | 2010.12.23 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公孫樹を切る | トップページ | 霜柱 »