« クリスマス | トップページ | 五行歌の特長 »

2010.12.25

ジーザス・クライスト

イエス・キリストのことを英語では"Jesus Christ"と書き、「ジーザス・クライスト」と発音する。はじめてアメリカに行ったとき、学生たちが"Jesus Christ"を連発するので驚いた。four-letter word (卑猥な言葉)についてはある程度知っていたが、"Jesus Christ"のことは知らなかったからだ。

とにかく、なにかにつけて「ジーザス・クイスト」と叫ぶのだ。「オー、ジーザス」とか「クライスト」と用いることも多い。日本語にすると、「なんてこった」とか、「チクショー」「まいったな」「やばい」とでもなるだろう。最近は「オー・マイゴッド」などが日本語になりつつあるが、さすがに"Jesus Christ"はそういうことにはならないだろう。

アメリカの若者は
なにかというと
ジーザス・クライストだ
まいったな
とイエスが笑う


« クリスマス | トップページ | 五行歌の特長 »

コメント

こんばんは^^

ホント、笑ってしまいました。
連発しますよね。

Jをジュ・ジェではなく、イェと発音するものが
いくつかありますね。
Jacobはジェイコブではなく、ヤコブとか。
スペイン語では、日本(Japan)をハポンと発音
しますが、その系列?

この五行詩、とってもいいです。

投稿: おしゃれな猫 | 2010.12.25 20:42

えっJesus Christと叫ぶですか。
ちーとも知りませんでした。
Oh my Godはなじみがありますが。

投稿: kei | 2010.12.26 08:51

★おしゃれな猫さん、
jをiと発音するのはドイツ語でしょう。
ジャパンがヤーパンだし、ジェイコブがヤコブです。
スペイン語はjがハ行になりますね。
フランス語ではhを発音しないのでややこしい。
ハローがアローになっちゃう。(^-^)

投稿: ripple | 2010.12.26 09:10

★Keiさん、
Oh my God、Oh my goodness、と同じ仲間です。
イエス・キリストがジーザス・クライストだと
なんか調子が狂うでしょう。(^-^)
four-letter word は口にできませんので、
ご自分で調べてください。こっちも恐ろしいほど
多用されます。

投稿: ripple | 2010.12.26 09:14

four-letter word の事は知りませんでした。
お聞きして置いて良かった! 似た様な単語があって
発音を間違えたりしたら大変ですものね。

それから、スペイン人でJuan Joseと言う方が
居て、本当はホワン ホセ とおっしゃいますが、  
大抵は ジュアン ジョセ と読まれて仕舞うので
いっそ Jジェイと呼んで欲しいと言われました。

また、イランではHを必ず発音します。
日本では元国王Pahlaviの事をパーレビーと言いますが
現地の人はパフラヴィと言い、誰の事を言ってるのか
判りませんでした。
また英語のThreeなどテヘリーと言うので、日本人が
思っているスリーとは全く聞こえ方が違うので、それも
判りませんでした。

国によって違うのですね。

投稿: A.A. | 2010.12.26 20:13

★A.A.さん、
英語の勉強中でしたね。スペイン語も?
ことばは理屈でなく習慣ですから、とにかく
そっちを覚えなくてはどうしようもない。
日本語を学ぶ外国人も大変でしょうね。
日本人だって町がマチだかチョウだか迷う。
チョウと聞くと、町、蝶、長、超、腸、丁…
同音異義語が多くて大変です。

投稿: ripple | 2010.12.27 09:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマス | トップページ | 五行歌の特長 »