« 冷たい雨 | トップページ | 公孫樹を切る »

2010.12.15

野川の野鳥

201012001
野川も冬景色

定休日なので午前中、野川に行った。いい天気だが寒い。野川の両岸は草がきれいに刈られていた。歩きやすい。大雨で洗われたせいか水も澄んでいた。小田急線のそばのメタセコイアの天辺にはカワウが陣取っていた。着いた時も帰る時もじっとしていた。コサギやダイサギもエサを採ったり、くつろいだりしていた。アオサギも木の天辺で眠っていた。鳥たちのバランス感覚はすごい。

201012010
カワウ、目がこんなに前についていたのだっけ。

201012011
コサギとコガモ3羽

201012022
ダイサギ、すこし小さいからひょっとしてチュウサギ?

神明橋に立つと、鯉が集まって来る。エサをもらえると思って来るのだろう。カルガモとアヒルの中に一羽小さなカモがいる。カイツブリかなと思ったが、どうやらキンクロハジロのメスらしい。セキレイも3種そろって観察できた。絶えずチョンチョン尾を振っている。石叩きという別名があるが、文字通り、石を叩いているように見えて面白い。

201012014
キンクロハジロのメス、オスは冠羽がある。

201012012
ハクセキレイ、一番よく見かける。頬が白い。

201012023
セグロセキレイ、頬が黒い。

201012013
キセキレイ、清流の妖精と呼ばれる。

カワセミはあまり見かけなかった。何度か野川の水面すれすれに滑空していたが、なかなかうまいところには止まってくれない。しかし、いつ見てもきれいな鳥だ。きょうは珍しくアオジの写真を撮ることができた。葦のあいだを素早く移動するのでなかなかいい写真が撮れない。しかしツツジの根元に来たときに、ほぼ全身が撮れた。

201012016
カワセミ♂

201012015
カワセミ♂

201012024
アオジ♀

201012019
アオジ♀

201012020
木の天辺で居眠りをするアオサギ

20101224
カルガモ、ちょっと動いたので波紋が広がった。

地球は
人間だけの
ものじゃない
自然破壊は
罪が深い

« 冷たい雨 | トップページ | 公孫樹を切る »

コメント

沢山の野鳥に出会いましたね。
カワウも木上にとまるのですね
初めて見ました~

木上で居眠りするダイサギ、ゆらゆら揺れて
気持ちが良いのかしら?

カルガモが動いて出来た波紋、
キレイですねぇ。

投稿: namiko | 2010.12.16 19:11

★namikoさん、
久しぶりの野川でしたが、じゅうぶん楽しめました。
「野川の四季」というサイトを持っているあるばさん
と遇うと、鳥が見られるのです。鳥見も達人です。
あとは、ジョウビタキ、ツグミ、エナガ、イソシギ
などに会いたいところです。(^-^)

投稿: ripple | 2010.12.17 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冷たい雨 | トップページ | 公孫樹を切る »