« 寒さに負けない花 | トップページ | クリスマス・イヴ »

2010.12.24

マッチ吹きテスト

最近、医学番組などでCOPDという略号に出会うことが多い。
ネットで調べると Chronic Obstructive Pulmonary Disease の略だそうで、日本語では慢性閉塞性肺疾患というらしい。pulmonaryというのは呼吸器という意味だが、それではいかにも長いので肺としている。いままでの病気でいうと、慢性気管支炎と肺気腫の総称なのだそうだ。

COPDは別名「たばこ病」ともいい、患者の90%は喫煙者で、それ以外ではまれだという解説もある。しかし長年たばこの煙にさらされた受動喫煙者もこの病気になる可能性は高い。両者を含めて「たばこ病」とすれば覚えやすい。症状としては息苦しさ、咳、痰などだが、それ以前にチェックできる「マッチ吹きテスト」なるものがあるそうだ。たけしの健康番組でやっていた。http://kenko.asahi.co.jp/

マッチ吹きテスト
一気に息を吐いて、15cm離れたマッチの火を吹き消すというテスト。もともとアメリカで考案された検査で、肺から空気をしっかりと吐き出せるかどうかをチェックする。正常ならマッチの火を消すことができるが、火が消えない場合は気管支や肺に炎症があって、空気を十分に吐き出せなくなっている可能性がある。

Blow

【検査方法】 マッチとボールペンを用意する。

①マッチに火をつけ、それを口から15cm前方に固定する。
 ボールペンの長さは15cm程度なので、それを目安にする。

②口を大きく開けた状態で、思いっきり息を吹きかける。
 ※このとき、口先をすぼめてはいけない。

③マッチの火を吹き消す事ができればクリア。
 一度で吹き消せない場合は、何度かやってみる。

健康そうに見える人でも、やってみるとで消せないことがある。マッチ吹きテストというより、マッチ吹き消しテストといったほうが正確だろう。

« 寒さに負けない花 | トップページ | クリスマス・イヴ »

コメント

おはようございます♪
健康番組でよくやっていますね。最近、軽く出る咳が
止まらないので不安になってやってみました。
えらい勢いで消えました(^O^)
夫もタバコ歴40年なのでやって貰いましたが
消えました。すごい咳をしているのに大丈夫なぁ^_^;

投稿: ミモザ | 2010.12.25 06:57

★ミモザさん、
よかったですね、首尾よく消えて。
口はすぼめなかったでしょうね。(^-^)

投稿: ripple | 2010.12.25 08:54

80才の父は昔の喫煙がたたり、COPDで苦しんでいます。在宅酸素になり一年近く。どんな病気も苦しいのでしょうが、息苦しいのは本当に辛そうで、見ている方も苦しくなります。

投稿: エノコロ | 2010.12.25 22:01

★エノコロさん、
妻の父もヘビースモーカーで肺気腫COPDで
苦しんでいました。空気が思うように吸えない
というのは辛そうで見ていられませんでした。
たばこは周囲の人も巻き込みますから、
いけませんねえ。

投稿: ripple | 2010.12.26 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒さに負けない花 | トップページ | クリスマス・イヴ »