« 秋を飛び越して冬 | トップページ | ミゾソバの花 »

2010.11.01

「たまりばーる」のコンサート

Tamariba2
馬頭琴の演奏byフルハシユミコ

きのう日曜日の夕方、久地のカフェ「たまりばーる」で民族音楽を中心としたコンサートが開かれた。沖縄のサンシン(蛇皮線)、モンゴルの馬頭琴、南米のフォルクローレなどの演奏があった。それぞれ独特の味わいがあり、しばし別世界に誘ってくれた。馬頭琴は胡弓のような楽器で、音が低くよく響く。左手の指は弦を上から押さえるのではなく、指の爪の付け根あたりを使って横から押さえている。フルハシユミコさんという女性が弾いていたが、モンゴルの歌も聞かせてくれた。

Tamariba3
フォルクローレのグループ「いぶき」

中南米音楽の演奏は一人を除き、みんな10代だという。楽器は左から、チャランゴ、ギター、ボンボ、サンポーニャ。右ののっぽの彼はケーナも吹く。目の前2、3mのところで聴く生の音はいい。演奏者の息づかいまで伝わってくる。

Tamariba1
サンシンの演奏と歌 byネモティー

単調な音階をリズミカルに弾き、聴いている者を知らないうちに歌に引き込んでしまう。音に南の島の哀愁が浸みついている感じだ。こういう味わいは洗練されたオーケストラには絶対出せないものだ。

Tamariba4
有機野菜のお惣菜セット

1. 冬瓜のスープ煮
2. 青菜のピーナッツ和え
3. しょうがとえのき茸の梅和え
4. 牛蒡味噌
5. いんげんと人参のスパイシーサラダ
6. 平飼い玉子の出し巻
7. 手づくり豆腐
8. さつま芋とりんごの重ね煮
9. 蕪と水菜の刻み漬け
10.あおさ海苔のおすまし

自分から
動けば
足を運べば
出会いがある
発見がある

あたたかな
音色に
包まれて
冷たい雨も
恵みの雨

Tanshi ←ポチッとお願いします。


« 秋を飛び越して冬 | トップページ | ミゾソバの花 »

コメント

昨日は、ありがとうございました。
馬頭琴のフルハシです。

モンゴルの馬頭琴の音色が好きで弾き始めて、モンゴルのオルティンドーや文化なども大好きになりました。

ぜひ、いつか機会があったら、満点の星を見上げたりや馬に乗って草原の風を感じたりできるモンゴルに行ってみてください(^ ^)

こちらの記事を私のブログに紹介させてください。
写真も使わせてくださいm(_ _)m

ではでは。

フルハシユミコ

投稿: フルハシユミコ | 2010.11.01 14:38

★フルハシさん、
きのうは素敵な歌や音楽をありがとうございました。
馬頭琴という楽器は知っていましたが、演奏を聴く
のは初めてでした。目をつぶって聴くと、モンゴルの
草原が目に浮かぶようです。あちらの方はおそろしく
視力がいいそうですが、声もまた通るのでしょうね。

フルハシさんのブログにもお邪魔しました。
また遊びに行かせてもらいます。

投稿: ripple | 2010.11.01 16:27

昨日のコンサート、息子も行ってました!rippleさんの話は常々していたのですが、rippleさんとは分からずにお話ししたようです。(rippleさんを女性と思いこんでいたみたいで・・・)親子ともどもこれからも宜しくお願いします。

投稿: エノコロ | 2010.11.01 19:14

ケーナの響き
アンデスの白く高い雲
陽焼けした
女の肌が芳しく
ぼくに響いた

投稿: 荒野人 | 2010.11.01 22:47

★エノコロさん、
ひょっとしたらエノコロさんの息子さんかと
思いました。たまりばーるを知ってまだ1カ月
ぐらいだと言ってましたから。かわいいガール
フレンドと一緒でしたね。五行歌に興味ある人
とか、他にも出会いがありました。

★荒野人さん、

陽気で
どことなく
悲しい音色が
アンデスの山々に
響きわたる

投稿: ripple | 2010.11.02 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋を飛び越して冬 | トップページ | ミゾソバの花 »