« 断捨離(だんしゃり) | トップページ | 晩秋 »

2010.11.03

野川:ジョウビタキ来る

文化の日。朝からいい天気だ。ママチャリに乗って、久しぶりに野川に行くことにした。多摩川の水道橋のところから富士山が見えた。三分の一ほど雪をかぶっている。

Fujisan
丹沢の向こうに富士山が見える

Tamagawa
登戸橋から多摩川の上流を望む

狛江(こまえ)のミニストップでおにぎりを食べ、小田急線に沿ってゆっくり自転車を進める。いい天気で気持ちがいい。野川には9時ごろ到着したろうか。さっそく世田谷トラストの前あたりでカワセミ君が迎えてくれた。ホバリングや餌取りなどを披露してくれる。朝日に輝くコバルトブルーは溜め息の出る美しさだ。

K3
動きが速いので撮影がむずかしい

K2
カワセミ♂

K1
逆光もいける

K4
葦に隠れて、30分たっても出てこない。腹一杯なのだろうか。

ヒッヒッヒッとジョウビタキの声が聞こえる。声のするほうを探すと、梅林の天辺にジョウビタキのメスが止まっている。目をくりっとさせ、愛嬌をふりまいている。近くにはオスが2羽いて縄張り争いをしているようだった。野川のバードウォッチャーの話では、ジョウビタキの姿を見るのは今年初めてだということだった。そこに居合わせることができてラッキーである。

Jobimesu1
ジョウビタキ♀

Jobios1

ほかに、モズ、カワラヒワ、メジロ、シジュウカラ、カイツブリ、ハクセキレイ、キセキレイ、ダイサギ、コサギ、アオサギなどを観察できた。野川はバードウォッチングにはいい場所である。川幅があまり広くないので、鳥がどこかに行って、ちょっと待っていればまた戻ってきてくれるからだ。

Kaitsuburi1
潜水が得意なカイツブリ

Aosagi2
瞑想するアオサギ

Daisagi
ダイサギの散歩

Kawarahiwa1
カワラヒワの粋

Kisekirei2
キセキレイが小首を傾げている

自転車で野川を下って、次太夫掘公園に寄ってみた。民家園でおだんごを食べ、縁側でくつろいだ。展示館では「水車の記憶」なる催し物をやっていた。そこでは、石臼を挽かせてもらった。やはり、かなり重い。体重をうまく移動させて、からだをうまく使うとスムーズに回る。しかし重労働ではある。鍛冶の会の人たちは刃物をつくっていた。大きなふいごを吹いて炭を真っ赤にして鉄を焼き、成形している。押しても引いても風を送ることができるふいごの仕組みを教えてもらった。よくできている。

Kajiya
鍛冶の会の実演

Fuigo
往復風を送るふいごの仕組み。□は弁に相当する。

帰りはまた野川沿いに戻った。そうしたらバードウォッチングの先輩が何やら見つけたらしい。タシギだそうだ。タシギは写真では見たがまだ生は見ていない。鳥見の達人・高松さん(仮名)がタシギのいる場所を教えてくれたが、双眼鏡を使ってもなかなか分からない。やっと分かったが、草のなかに身をひそめて動かないから見つけるのは至難のわざだ。一人では絶対わからない。一時間ほど粘ったが、草むらから出てくることはなかった。それでも少しからだを伸ばして長いくちばしを見せた証拠写真をものにすることができた。タシギの初撮りである。本当に久しぶりの野川だったが、じゅうぶん楽しめた。いい一日だった。

Tasigi
タシギ

わずか
十数グラムの鳥が
命がけで
何千キロも渡る
我々はどうだろう

Tanshi ←ポチッとお願いします。

« 断捨離(だんしゃり) | トップページ | 晩秋 »

コメント

じょうびたきもカワセミも、生き生きと撮影されましたね。
ぼくは鶸という小鳥が好きです。

鶸もいる
翡翠もいる
せせらぎに
小さな正義で
生き続けよと

投稿: 荒野人 | 2010.11.04 15:59

野川しばらく行っていません(涙)
まさに自然の中の図鑑ですね。

投稿: あおむし店長 | 2010.11.04 17:26

★荒野人さん、

枯れ葉が落ちて
見通しがよくなる
これからの季節
寒いけれど
野鳥が楽しめます

★あおむし店長さん、
少し関心を持てば、都会の野川にも
50や60種類の野鳥が見つかります。
同時代を生きる彼らとひと時を共有
するのも乙なものです。(^-^)

投稿: ripple | 2010.11.04 19:09

タシギも見られて良い一日でしたね。私はサギ類に、悟った僧侶か何でも知ってるおじいさんのような印象をもっています。瞑想とは、なかなかいいですね!昔近くの調整池でコロニーを作っていたゴイサギを見ていて、「ゴイサギ爺さん」という童話を作りかけたことを思い出しました。

投稿: エノコロ | 2010.11.05 15:34

★エノコロさん、
 ゴイサギは鎌倉八幡宮の源平池にたくさんいました。
夜行性ですから昼はあまり動きません。野川にも前は
よく見かけましたが、最近はあまり見ません。
 アオサギが飛びましたが、大きくて優雅です。
野鳥の棲息地を奪わないでほしいものです。

投稿: ripple | 2010.11.05 16:40

素敵な写真、わたしの好きな写真がいっぱい。
鍛冶の会ってあるのですね。
わたしの祖父は、堺で包丁鍛冶をしていました。
何代か続いていた鍛冶屋だったようですが、
祖父の代で閉めました。
写真を見て、祖父の仕事場の匂いや音が感じられました。

投稿: まある | 2010.11.11 22:57

★まあるさん、
喜多見と成城学園のあいだを流れる小さな川
ですが、野川にもいろんな野鳥が見られますよ。
カメラを持った人に話しかけると喜んで教えて
くれると思います。野川に行ってカワセミを
見られなかった日はありません。(^-^)

むかしはあちこちに鍛冶屋さんがありましたね。
農機具を研いだり、のこぎりの目立てなども
やっていました。子どものころはそれを見て
楽しんだものです。

投稿: ripple | 2010.11.12 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 断捨離(だんしゃり) | トップページ | 晩秋 »