« キンモクセイ | トップページ | まだ百日紅が元気だ »

2010.10.09

アルゼンチンに初勝利

きのうのサッカーの試合、日本対アルゼンチン戦をテレビで観戦した。1-0で日本が勝ったが、じつに内容のある試合だった。岡田前監督の指導の成果か、新しいザックローニ監督の采配なのか分からないが、日本選手は攻守に冴えていた。本田の無回転シュート、香川の芸術てきなドリブル、長友のからだを張ったディフェンス、キーパー川島のファインセーブなど、見応えがあった。

アルゼンチンの選手のテクニックにも驚いた。ボールから足をはなさないで前後左右にフェイントをかける。どこに目が付いているのかと思うようなヒールパスやキラーパスをする。大きなからだで素早く小さなパスを回す。子どもの頃から裸足でボールを追っていた連中だから、そのさばきには目を見張るものがある。どうして点が入らなかったのか不思議なくらいだ。日本はアルゼンチンに勝利したことがなかったので、これは歴史的な勝利だという。とにかく、いい試合を見せてもらった。Jリーグができてからというもの、日本選手の伸びは留まるところを知らない。

なんだこれは
というプレーが
たくさんあった
一流の試合は
密度が濃い

Tanshi ←ランキングに参加しています。ポチッとお願いします。


« キンモクセイ | トップページ | まだ百日紅が元気だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キンモクセイ | トップページ | まだ百日紅が元気だ »