« ゴミ収集車 | トップページ | レストラン「農家の台所」 »

2010.10.21

新宿末広亭

きのう小雨がパラついているので、庭仕事はあきらめて新宿末広亭に行った。いつもは途中から入って途中で出てしまうことが多いが、きのうは昼の部をぜんぶ見た。おととし行ったとき、落語ブームとかで平日なのに超満員だった。そこで今回は12時すこし前に行って前から7番目ぐらいの椅子席に座った。ただ落語ブームも落ち着いたらしく、入りは6分ぐらいだった。桟敷席はまばらだったから5分ぐらいかもしれない。

昼の部は、落語、講談、漫才、手品、曲芸、俗曲、紙切りなど、出し物が17本もあった。しかも昼夜入れ替えなしだから、ぶっ通しで見ると30本を越す。ぜんぶ落語だったら絶対眠っちゃうが、てきとうに色物が入るので息抜きになる。雨の日の末広亭はおすすめだ。

講談の神田きらりは、きらりと光っていた。
プチレディーは手品、若い可愛い女の子、それだけでいい。
ギター漫談のぴろきはきもいが、変におもしろい。
美由紀の三味線と踊りはなかなか色っぽい。
林家今丸の紙切りは、その手さばきにため息が出る。
桂米丸はおん年83歳で現役だからりっぱである。
三笑亭茶楽は味のある「目黒のさんま」を聴かせた。

Oiran1_3  Oiran2
林家今丸の紙切り、花魁(おいらん)、おみやげにもらう。

中学のとき文化祭があって、稲田公民館に桂米丸がやってきて一席披露したことがある。題は忘れたが、パンツのゴムでゴム鉄砲を作って撃つ、というのが落ちだった。その米丸師匠が50年後のきょうも舞台に立って、いや座って、目の前で落語を聞かせてくれるのには感激した。いま一門の桂米太朗が売れ出したが、この人は中野島の住人だ。先日の多摩区民祭でも落語を演じている。末広亭を出ると、雨は上がっていた。

Machi
4時半すぎの新宿の街

映画は
スリルがあったり
深刻だったりするものが多い
そこへいくと
お笑いは肩がこらない

« ゴミ収集車 | トップページ | レストラン「農家の台所」 »

コメント

僕も桂米丸を小学生の時に
近所の公民館で、母と一緒に漫談を聞きました
リーガル天才秀才の漫才も聞いたな

紙切りは林家今丸ではなくて、林家正楽の若い時
町内のお祭りに来て、演じた紙切りは素晴らしかったな
その時、二つ目の橘家円蔵も来ていた
この人は若い時から面白かった

新宿末広亭・・・僕も行ってみようかな

投稿: ブル | 2010.10.21 21:42

★ブルさん、
寄席は楽しいですね。
去年は浅草演芸場で正蔵や喜久蔵を見ました。
というか聴きました。伝統の神楽なんかも
入って楽しめました。2700円ぐらいで何本も
見られますから安いもんですよね。
紙切りは正楽のほうが有名ですね。円鏡もいい。
落語界も高齢化というか世代交代のときです。
無名でもうまい人がけっこういますね。
茶楽さんなんか思わず引き込まれます。

投稿: ripple | 2010.10.22 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴミ収集車 | トップページ | レストラン「農家の台所」 »