« 百舌がやかましい | トップページ | よみうり五行歌 »

2010.10.13

しんゆり歌会:10月

湿度が高く、蒸し暑い日だ。しんゆり五行歌会に行く。さすがに秋の歌が多い。会員の歌を載せよう。

レースのカーテン               神川(一席)
すっきりと
洗い上げた
秋の風が白くなって
通り抜けた

完璧はほどほどに    望月(ニ席)
無欲になろう
そうすれば
老いの峠道
少し楽になるかも

住み方の方程式が       中川(三席)
決っているような
モデルハウスの出窓に
秋を告げる
夕焼けが映っている

私と京子の歌はこちら。私のはヴィパッサナー瞑想のコースに参加したときの思い出だ。このあと、私は赤とんぼの羽を軽くマッサージしてあげると、赤とんぼは私の人差し指にのってきた。ともに波動の存在であることを大感したときである。京子は先日の北海道旅行で観察した鮭の歌。いつもながら、きわめてシンプルな歌だ。

かわいいね                  ripple
友だちになろうね
そっと近づくと
赤とんぼは
小首を傾げた

全力で               京子
川を上る鮭に
エールを送る
がんばれ
がんばれと

Tanshi ←ランキングに参加しています。ポチッとお願いします。

« 百舌がやかましい | トップページ | よみうり五行歌 »

コメント

今は、秋だとか・・・。
いましか詠えない季節感が迫ってきますね。

そうそう百舌は喧しいものですね!
だって・・・百舌ですから。

投稿: 荒野人 | 2010.10.13 22:31

★荒野人さん、
やっと秋らしくなってきました。
いろんなところに秋が見つかります。
栗、柿、稲刈りなど。
鵙はやかましいけれど好きな鳥です。

投稿: ripple | 2010.10.14 10:18

相変わらず皆さんの歌は素晴らしいですね。
風が白い・・、なんて胸がドキッとする様な感覚です。
また住まいの方程式・・、なんて上手く表現されてますね。本当に今の建て方を言葉にすると方程式はピッタリです。
京子さんはその人柄が透けて見える様な素直さをいつも感じます。
首をかしげるトンボ・・、確かに。観察が鋭い!

投稿: A.A. | 2010.10.14 17:11

★A.A.さん、
神川さんは上手ですね。けさのよみうり五行歌でも
特選になっていました。金木犀の歌です。
中川さんも独特の感性で詠んでいます。
高岡さんは五行歌集「しろつばき」を出版されました。
A.A.さんも続けてくださいね。(^-^)

投稿: ripple | 2010.10.14 17:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百舌がやかましい | トップページ | よみうり五行歌 »