« 待ってました | トップページ | おまつり »

2010.09.18

肩甲骨は健康骨

Scapula2

肩こりや首、背中、腕などに痛みやしびれのある人に、治療のあと肩回し運動をすすめている。肘を曲げて指先を肩に当て、その肘で大きく円を描くようにする。曲げた肘を前から上にあげ、その肘を開いて後ろから下げて行く。これをていねいに10回やって、こんどは肘を後ろにもってゆき、反対回しを10回やる。肩の後ろ回しと前回しをするわけだ。これは腕を回すことで肩甲骨を大きく動かす運動である。

腕は肩甲骨についており、腕を動かすことで肩甲骨がいろんな方向に動く。すると肋骨が動き、背骨の付け根も動く。だから上体をほぐすには肩甲骨を動かすといい。肩甲骨まわりの筋肉をストレッチすれば上体の緊張が緩めることができるのである。

上体が緩めば呼吸がらくになる。呼吸がらくになれば酸素がじゅうぶん入る。内臓の働きもよくなるだろう。手足など末梢に向かう神経もスムーズに刺激を送れるし、血行もよくなる。首、肩、腕、指などの不快な症状が取れることが多い。肩こり五十肩の治療と予防にもなる。だから、肩甲骨は健康骨である、といっていいだろう。

現に痛みのある人は無理をしないで、痛みの出る手前を目安にして腕を回せばいい。ゆっくり回し肩甲骨の動きを意識することが大切である。陽気堂はり治療室では、①うつぶせお尻ころがしと②あおむけ片膝立てツイストで下半身を緩め、この③肩回しで上半身を緩めることをすすめている。まじめにやる人は結果がいい。問題は、やるかやらないか、だけだ。

→肩甲骨の動き

からだは
信じられないくらい
よくできている
さずかったものを
大事に使おう

« 待ってました | トップページ | おまつり »

コメント

肩甲骨のお話とても興味深く拝見しました。
今丁度、ジムのラットプルダウンを使って肩甲骨・背筋を
鍛えている所で、一つ一つ納得出来ます。

①うつぶせお尻ころがし→これはどうやるのかチョット判りません。
それから背骨の付け根と言うのは後頭部下部の窪んだ所ですか?

投稿: A.A. | 2010.09.18 19:44

★A.A.さん、
コメントありがとうございます。
うつぶせお尻ころがしは、うつ伏せになって
お尻を左右に転がす体操です。お尻の肉を錘
にして左右にゴロゴロ転がすのです。体重が
かからないのでらくです。

背骨のつけねとは各肋骨が背骨につくところ、
脊椎です。ことばが足りませんでした。

投稿: ripple | 2010.09.19 09:26

自分で勝手に曲解して読んでいました。
文字通り読めばおっしゃる通り、わかりました。

投稿: A.A. | 2010.09.19 09:39

★A.A.さん、
からだの動きを文章であらわすことほど
難しいことはありませんね。そこへ行くと
画像はいい、動画はもっといいですね。

投稿: ripple | 2010.09.19 10:18

私も今首と肩がパンパンです!食べていても、しゃべっていても、ふと気がつくと首や肩に力が入っています。時々腕を回したりストレッチしたりしますが、なかなか・・・・続かないので結果が良くありません

投稿: エノコロ | 2010.09.20 11:26

★エノコロさん、
ゆっくり時間をとって、からだの凝りや痛みの場所に
意識を集中してストレッチングをしてあげるといいで
しょう。あとは前傾姿勢をなおすこと。頭を肩からす
こし持ち上げるようにするだけでも違います。現代人
の病気はなによりも運動不足と食べ過ぎです。(^-^)

投稿: ripple | 2010.09.20 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 待ってました | トップページ | おまつり »