« ドガ展(横浜美術館) | トップページ | マーガレット・コスモス »

2010.09.30

雨が小粒の真珠なら

雨が小粒の真珠なら~
と橋幸夫がこぶしを効かせて
歌っていた時代がある
もしそんなものが降ってきたら
被害は甚大だ

これだから俺は詩人になれない。

雨の中の二人:http://www.youtube.com/watch?v=e3vWC-2dTN4

« ドガ展(横浜美術館) | トップページ | マーガレット・コスモス »

コメント

懐かしいですねぇ~
よく歌いましたよ。
良き昭和の思い出です・・・

谷啓さん、池内淳子さん~
昭和の火が一つづつ消えて寂しいですね。

投稿: namiko | 2010.09.30 20:37

歌っている時は聞き流していましたが、文字にして見ると「雨が小粒の真珠なら・・」なんてすごい発想・表現
ですね。
このフレーズを違う人が歌って居たら、また違った雰囲気だったのでしょうね。
改めて作詞者に脱帽!

投稿: A.A. | 2010.10.01 08:53

★namikoさん、
雨が降ると知らずに口ずさんでいるのです。
橋幸夫みたいに小首をかしげてね。(^-^)

降る雨や昭和は少し遠ざかり

★A.A.さん、
もう一つ言うと、真珠は不透明ですから、
これが降ったら向こうが見えなくなります。
危なくて歩けるもんじゃありません。
詩人の発想力には脱帽です。

投稿: ripple | 2010.10.01 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドガ展(横浜美術館) | トップページ | マーガレット・コスモス »