« セミの羽化 | トップページ | 史上最大の人体実験 »

2010.08.09

干天の慈雨

畑が乾ききって草を取ると土埃があがるほどだったが、ゆうべ一晩、雨が降ってくれたので、けさは地面がたっぷり水気を含んでいる。強い雨もあったようだが、弱い雨でも長時間降ってくれると大地が潤うのでありがたい。外に出てサトイモのまわりを掘ってみると、果たして、かなり深く水が浸みこんでいる。野菜たちもみんなニコニコ顔である。

照って
降って
曇って
植物は
育つ

乾いた大地に
雨水が浸み込んで
野菜や草花の
いのちが
よみがえる


« セミの羽化 | トップページ | 史上最大の人体実験 »

コメント

一雨降って大地も潤いましたね。
野菜や草花達もホット一息ついたことでしょう
私達人間もこの恵みの雨で心が潤いました。

これからの雨は一雨ごとに冷たさに変わって
秋を運んでくるのでしょう。

投稿: スィートピー | 2010.08.09 23:20

★スィートピーさん、
夕方になると水遣りをしていたものですから、
本当にこの雨はありがたいことです。長く
降ってくれたので地面によく浸みこみました。
一安心です。心にも潤いを持ちたいですね。

投稿: ripple | 2010.08.10 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セミの羽化 | トップページ | 史上最大の人体実験 »