« 新しいデジカメ | トップページ | 八重ひまわり »

2010.08.10

ヒヨドリの幼鳥

Hiyonoko1

昼休みダイエーに向かう途中、変わった鳴き声の鳥がいた。声のするほうに行くと、梅の木の枝にやや大きめの鳥が3羽ぐらい動いて見えた。そこへ親鳥がエサを運んできた。どうやらヒヨドリの子供らしい。わたしが行くと親鳥は警戒して逃げてしまったが、子供たちはこの通り、親を呼んでいる。まだ飛ぶのもうまくなく、やっと枝から枝ににジャンプしている。これは前項で話したコンパクト・デジカメで撮ったので、これ以上拡大するとぼやけてしまう。

地球は
人間たちだけの
ものではない
いろんな命の
ふるさとなのだ

« 新しいデジカメ | トップページ | 八重ひまわり »

コメント

ひよどりのくちばしがとても可愛いですね。

投稿: | 2010.08.11 06:39

子育ての季節は
鳥たちの普段と違う会話が聞こえますね。
ヒヨドリも家族の会話が絶えない位にぎやかですよね。
今朝はカラスの会話がすごかったです(笑)
くわっくぁーかか・・・・?こんな感じでした。

投稿: あおむし店長 | 2010.08.11 09:32

5,6年前に我が家の庭の南天の木の茂みで
ヒヨドリが4つの卵を産んで3羽の雛が巣立ったことが
あったんですよ~
感動しましたけどすぐにカラスの集団に襲われました~
自然界は厳しいです。

投稿: namiko | 2010.08.11 18:58

★紬さん、
コメント、ありがとうございました。
動物はみな子供のころが可愛いですね。
まだ飛ぶのもおぼつかないようでした。

投稿: ripple | 2010.08.12 09:52

★あおむし店長さん、
あのやかましいヒヨドリも子供の時は
幼い声で親を呼んでいます。
親離れをうながされても。
あおむし店長さんは鳥語がわかるみたい。(^-^)

投稿: ripple | 2010.08.12 09:54

★namikoさん、
カルガモもムクドリも、卵や雛がカラスに
狙われますね。カラスもまた必死で生きて
ゆかねばならないから仕方ありません。
自然界は有無を言わせぬところがありますね。

投稿: ripple | 2010.08.12 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しいデジカメ | トップページ | 八重ひまわり »