« アメリカ独立記念日 | トップページ | 7月号投稿歌 »

2010.07.05

ジャズギター

Guitar
ジャズギター・デュオ(橘克枝さん撮影)

ジャズギターのコンサートがあるので、日曜日の夜、久地のオーガニックカフェ「たまりばーる」に行った。家を出ると雨粒が大きくなり中野島駅に着くころはズボンのすそがずぶ濡れになってしまった。店は灯りを落として、ライヴハウス・ムードである。ワイン一杯と美味しい食事をしながら音楽を聴く。これは、ちょっとしたディナーショーである。

二人のギタリストは洗足学園ジャズ科の同窓生で、その腕はほとんどプロ。リズム楽器はなかったが、交互にメロディーと伴奏を演奏し、なかなか味のある音を聴かせてくれた。電気を介した音は好きではないが、エレキギターの音は哀しさや切なさがよく出るものだと感心した。わたしは高校生のころクラシックギターを習ったことがあり、彼らが一つ一つの音を丁寧に演奏しているのが分かり嬉しかった。

ムーン・グロー、煙が目にしみる、可愛いアイシャ(Isn't She Lovely?)など、聴いていると自然にからだが揺れてくる。軽妙なのりが心地よい。ビッグバンドのノイズのようなジャズは嫌いだが、バラードのようなのは悪くない。また、自分の目の前で演奏を聴けるというのも贅沢な話だ。帰りがけにギタリストのひとり、赤須翔さんから「童謡ジャズ」というCDをもらった。いまそれをかけているが、BGMとしてもいける。

ジャズはノイズ
そう簡単に
決めつけてはいけない
楽しいものも
胸を打つものもある


« アメリカ独立記念日 | トップページ | 7月号投稿歌 »

コメント

rippleさん行かれたのですね!!
そしてすっかりたまりばーるさんお気に入りに!
私の方が普段はなかなか出向けないですので
レポート楽しみにしております。

ジャズギター聴きたかった・・・

投稿: あおむし店長 | 2010.07.05 14:15

私もかなり昔にお酒を飲みながらのジャズコンサートに行ったことがありますが、奏者と観客の距離が近いのと、お酒でリラックスして聴けるのとで、とても心地よかったです!この日のたまりばーるの空気が伝わってくるようです。

投稿: エノコロ | 2010.07.05 15:01

★あおむし店長さん、
きのうは白ワインとハーフ&ハーフを注文しました。
お惣菜とハンバーグが半分ずつ食べられるのです。
あいかわらず優しい味でたんのうしました。
わきあいあいで楽しめました。チャージは投げ銭だけ。
もちろん奮発しました。(^-^)

★エノコロさん、
生の演奏会はなんだかんだ解釈しないで、波動に
身をまかせていればいいのだと思います。自分の
波動とうまく共鳴したときにはとろけそうになります。
あそこのお店に集まる人の波動はいいですね。

投稿: ripple | 2010.07.05 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカ独立記念日 | トップページ | 7月号投稿歌 »