« 鬼平犯科帳 | トップページ | 高幡不動あじさい祭り »

2010.06.19

全国亭主関白協会

先日、テレビで「全国亭主関白協会」なるものがあることを知った。会の名前から判断すると、「男が家庭で威張っていられるようにする会」のような印象を受けるが、実はその逆である。いかにして妻に上手に仕えるかという会なのだ。要するに、夫婦円満を実現するために夫がいかにあるべきかを学び、それを実践しようという団体なのだ。ホームページに協会のことが短く説明してある。

http://www.zenteikyou.com/index.html

『全国亭主関白協会』は、この協会名で随分誤解を受けているらしい。そもそも亭主関白の本来の意味が知られていないことに原因があると睨んでいる。歴史を紐解けばすぐわかるが、関白とは、天皇に次ぐ2番目の位。家庭内ではカミさんが天皇であるから、「関白」とは奥様を補佐する役目。また「亭主」とは、お茶を振る舞う人、もてなす人という意味。

なかなか含蓄のあるホームページなので、何度も通ってみようと思う。ちなみに、わたしはここのWeb段位テストを受けたら二段だった。もちろん段位が高くなるほど優秀らしい。


« 鬼平犯科帳 | トップページ | 高幡不動あじさい祭り »

コメント

段位テスト、主人にもやらせてみたら初段でした。「立派に尻にひかれる素質あり」ですって!

投稿: エノコロ | 2010.06.20 12:08

★エノコロさん、
初段や二段ぐらいなら、奥さまにとっては上出来では
ないでしょうか。それ以上を望むのは酷でしょう。

投稿: ripple | 2010.06.20 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鬼平犯科帳 | トップページ | 高幡不動あじさい祭り »