« ワキにご注意ください | トップページ | 縁は異なもの »

2010.06.15

日本、初戦勝つ

サッカーWカップ南ア大会の初戦で、日本はカメルーンに1-0で勝利した。ゆうべ、一眠りして目を覚まし、テレビをつけたらもうゲームが始まっていた。日本選手の動きがいい。カメルーンの連携があまりうまくいかないように見えた。これなら辛抱すれば、なんとかなるかもしれない。そう思っているうちに、松井からのセンタリングを本田が蹴り込んでゴール。そのあともディフェンスがよくがんばり、終盤のカメルーンのパワープレーに耐えて辛勝した。

快勝という報道もあるが、身体能力はカメルーンのほうが上で、ボールの支配率も向こうのほうが上だった。カメルーンが本調子でなかったのかもしれない。勝因はといえば、最後まで集中力を切らさないで戦ったことだろう。いい試合だった。

Nagatomo松井も本田も大久保もみんなよく戦った。ディフェンスの中沢、キーパーの川島、中盤の選手も光って見えた。もちろん、岡田監督の采配もいい。

なかでも、長友選手(写真)の活躍は目を見張るものがあった。超一流のフォワードエトーをぴったりマークし、仕事らしい仕事をさせなかった。長友の運動量はすごい、フォワード並みに前線へ出るかと思えば、次に見るとゴール前で守備についたりしている。小柄だがボールさばきもいいし、チェックを受けても簡単には倒れない。なんどもオーバーラップをかけてはチャンスをつくる。長友を見ていると、日本は予選リーグを突破できるかもしれない、なんて思えてくる。こんどは土曜日の午後8時か。またいい試合を見せてくれることだろう。


« ワキにご注意ください | トップページ | 縁は異なもの »

コメント

岡田ジャパン やってくれました!
よい試合したね!

投稿: yauti | 2010.06.15 22:11

★yautiさん、
正直、ラッキーでした。

投稿: ripple | 2010.06.16 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワキにご注意ください | トップページ | 縁は異なもの »