« 中国の離婚 | トップページ | 日本、初戦勝つ »

2010.06.15

ワキにご注意ください

Hirakuwaki

通勤は自転車か自動車だから、たまに電車に乗るといろんなものが気になる。
今日も、ドアの上を見ると

   ひらくワキにご注意ください

というコピーが目に入った。ひらくワキ? ひらくドアだろう? それともドアが開くとき収納される部分を脇というのだろうか、などと一瞬考えた。だとしたら初耳だ。そしたら、隣りに腋の下に禁止マークを付けたイラストがあるではないか。腋の下のにおいにご注意ください、という意味だったのだ。「ひらくワキにご注意ください」という文字の下にはさらに、

   混雑時、急接近する場合がございます

なんて書いてある。よく見ると、エチケット消臭剤BanのCMだった。世の中にはこのように、人を驚かすようなことばかり考えているやつがいるのだろう。うまいこと決めるものだ。これから暑くなると汗をかく。汗をかくと腋の下が臭う。そこでBANを使いましょう、というわけだ。人間も動物だから多少におっても不思議はないのだが、満員電車では具合がわるいこともあるだろう。


« 中国の離婚 | トップページ | 日本、初戦勝つ »

コメント

故・中島らもさんがエッセーの中で、階段を登ろうとしたら、段差の部分に「水虫には〇〇」と水虫薬の広告があって、呆れたって書いてありました。smile

投稿: たにやん | 2010.06.15 19:39

コピーライターの人はすごい。
「うまい!」って思わず笑ってしまうことがあります。

私は電車によくのりますが
これはまだ見てないです~

あぁ~そうだ。私は電車の中より
窓の外をいつも見ているのですよね。

投稿: namiko | 2010.06.15 20:40

rippleさんは本当に
毎日発見ですね。
電車に乗りなれてしまうと
広告も目に留まりにくくなります・・・

この広告・・
是非気に留めて欲しいこれからの季節です!!

投稿: あおむし店長 | 2010.06.15 20:49

★たにやんさん、
階段の段差の宣伝、見たことがあります。
それを見て足を踏み外さないか心配です。
ネットの広告が新聞の広告を抜いたと聞いています。
ネットでも無数の広告に出会いますね。

★namikoさん、
窓の外に目をやるほうが健全ですね。
でも、広告をつくる側の努力を想像するのも
楽しいですよ。中吊り広告のデザイン、
そのキャッチコピーなど、ヒマつぶしになります。

★あおむし店長さん、
別の発見もありました。田園都市線では吊革が
二つ置きぐらいに長くなっているのです。
お年寄りや背の低い人のためでしょう。
小田急の新型車両もそうなっていました。(^-^)

投稿: ripple | 2010.06.16 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国の離婚 | トップページ | 日本、初戦勝つ »