« ツツジの塩船観音 | トップページ | ショータイム »

2010.05.13

昭和レトロ@青梅

Oume02
青梅赤塚不二夫会館と昭和レトロ商品博物館

青梅には昭和レトロの町並みがある、そう何度かマスコミで紹介されたことがある。ツツジ見物に行ったついでに、そこに行ってみた。青梅駅で電車を降りると、もうホームがレトロである。昔なつかしい木製のベンチ、山小屋風のそば屋、地下道には映画の看板がいくつもある。駅舎もコンクリだが昭和チックだ。さっそく青梅キネマ通りに行く。ここは町中で昭和レトロを継承しようとしている意気込みが感じられて面白い。

Oume03

Oume07

Oume06

Oume12
映画俳優のブロマイドもそろっている。小百合ちゃん、かわいい。

Oume08

Oume10
赤塚不二夫は、枕草子、源氏物語、奥の細道などの漫画も描いている

Oume11
漫画家が集まって住んでいた「トキワ荘」

平成生まれも
もう二十二歳
知らないうちに
昭和が
遠ざかってゆく


« ツツジの塩船観音 | トップページ | ショータイム »

コメント

ワァ~、これは行ってみたい場所です~

映画の看板が良いなぁ~。ティッピー・ヘドレンの“鳥”、ジュリエッタ・マシーナの“道”

愛知岐阜にある、明治村昭和村へは行った事があります。一日中居ても飽きないですね。

投稿: 魚衆 | 2010.05.13 21:47

TVで映画の看板を見たことがあります・・・
このヒッチコックの映画「鳥」は何度も見ました。
恐かったです~

今日の夕方、「たまりばーる」へ行って来ました
気取ってなくてすんなり馴染めそうです。
水曜日に友達と行く予定ですが登戸まで出かけたので
ちょっと寄ってみました。

あおむし店長さんの絵も見せていただきました。
こういう絵も面白いですね。
発想が面白いと思いました。

投稿: namiko | 2010.05.13 21:48

★魚衆さん、
昭和も遠くなりにけり、というわけです。
喫茶店も天井の梁がむきだしで、電線が
ガイシに巻きついています。テーブルも
椅子もなにからなにまで昭和レトロで、
なつかしさでいっぱいになりました。
映画の看板は50枚以上ありましたね。

★namikoさん、
いいお店でしょう。
健康や環境に意識を向けている人の波動は
あたたかく、癒されるものがありますね。
たまり場と多摩川の英語とイタリア語の
バールを兼ねた店名だそうですよ。

投稿: ripple | 2010.05.14 09:07

青梅にこんな場所があるなんて知りませんでした。私も一度行ってみたいです。私たちはこんな町並み懐かしいと思うけど、平成生まれの若い子たちはどんな風に感じるのでしょうね~

投稿: エノコロ | 2010.05.14 15:49

★エノコロさん、
明治生まれの人が昭和になって、
明治は遠くなりにけり、と詠じた
気持ちが分かるような気がします。
しかし、世の中の変化が速すぎますね。

投稿: ripple | 2010.05.15 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツツジの塩船観音 | トップページ | ショータイム »