« 4月17日、雪 | トップページ | ヨコハマ大道芸 »

2010.04.18

木々の芽吹き

4181
生田浄水場の向こうの山

4182
ういういしい木々の芽吹き

生田浄水場の向こうの山の緑が美しい。多摩川の南側の丘陵になるのだが、木々の新芽が吹いて、薄黄色、薄緑に薄紅と日に日に色を濃くしてゆく。朝と午後とでは、もう色の濃さが増している。この時期ほど自然のいのちを肌で感じるときはない。

4183
梨の花

4184

梨の花も満開だ。もう交配も終わり、すこし花びらが散り始めている。気温が上がらないせいか、花びらも凍えて皺ができている。梨屋さんの話では、ことしは梨の出来があまりよくないそうだ。曽我の梅も寒さにやられてほぼ全滅と聞く。こんなときがあるから、普通の年がふつうでないほどありがたいことが分かる。梨の枝を吊る鉄線の上では、シジュウカラがツピーツピーと透る声で歌っていた。

4185
シジュウカラ

雨上がり
こころも
からだも
洗われた
心地する

天候異変は
こまるけど
普通であることの
ありがたさを
再確認できる
 


« 4月17日、雪 | トップページ | ヨコハマ大道芸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月17日、雪 | トップページ | ヨコハマ大道芸 »