« 葉ざくら | トップページ | 時刻表追記 »

2010.04.14

三峰神社

土渕三峰講の代参(代表参拝)で、もう一人の方と三峰神社に行った。車で行くことが多いのだが、今回は電車とバスを使った。JR南武線、武蔵野線、西武池袋線と乗り継いで西武秩父まで行き、そこから三峰神社まで急行バスを使った。あさ7時前に中野島駅をたち、10時半には神社の駐車場に着いた。約3時間半ほどだから、所要時間は車と同じぐらいだ。こちらはただ乗っていればいいのだから楽なものである。秩父は沿道の桜が満開で、ところどころに植えられたミツバツツジが鮮やかなピンク色で出迎えてくれた。レンギョウや菜の花もきれいだ。三峰に上るほど寒くなり、桜も蕾が多くなった。

Mitsumine011
秩父湖と桜

Mitsumine005
三峰神社(標高1102m)、1900年の歴史を持つ。

Mitsumine004
御神木の杉は樹齢約800年

お札を申し込み、代参うどんを食べて、それから式典に臨む。神前に座ると冷気がからだを包む。冷気は霊気に感じられた。お神酒をいただき、お札を受け取れば勤めは完了。お土産やさんで、手作りまんじゅうを食べる。店のおじいさんが、あれが雲取山、あれは白岩山、と説明してくれた。店の裏手では餌台が置かれ、ヤマガラ、ヒガラ、コガラ、ムシクイ類などの野鳥が飛んできて、ひまわりの種を食べていた。

Mitsumine006
三峰神社から奥の院を拝す

Mitsumine007
左手には遠く秩父の街が見える

Mitsumine009
中央が雲取山2017m、左は白岩山

Mitsumine008
ひまわりの種を食べるヤマガラ。ヒガラ、コガラも来たが、うまく撮れなかった。

帰りもバス。眠ろうと思ったが、ソメイヨシノ、シダレザクラ、思いのまま、木々の新芽がきれいで眠れない。淡い水彩画のような景色を楽しんだ。天気がよく、いい目の保養ができた。電車とバスは、とにかく「運転手つき」だから楽でいい。まず事故の心配はないし、酒も飲める。下の写真は道中の桜、秩父鉄道の三峰口駅、秩父湖、西武秩父からお花畑駅までのアーケード、所沢西武秩父間で利用した特急「ちちぶ」号。中野島駅に着いたのは午後4時10分だった。

Mitsumine010_3  Mitsumine012_2  Mitsumine013_2  Mitsumine001_2

Mitsumine002_2  Mitsumine003  Mitsumine014_2  Mitsumine015_2

三峰の
懐に
いだかれて
身も心も
ほぐれてゆく

« 葉ざくら | トップページ | 時刻表追記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葉ざくら | トップページ | 時刻表追記 »