« アオゲラ | トップページ | 花吹雪 »

2010.04.10

自然の息吹き

Sinme2
山笑う

けさの生田浄水場の山。桜の花と前後して、いろんな木々の芽が吹き始める。特にわたしは4月の10日前後の景色が好きだ。朝の薄緑が夕方には濃くなってゆく。それほど木の芽の伸びが見てとれる。自然の息吹きを肌で感じることができる。浅緑のあいまに濃い緑や黄色、ヤマザクラの淡いピンクなどが混ざるのがまたいい。

Sinme3
こちらは柿山の新芽

Sakura1
新川の桜と芝桜

ひとは
陽気が変だなんて
騒ぐけれど
自然は黙々と
時を刻んでゆく


« アオゲラ | トップページ | 花吹雪 »

コメント

生田浄水場の山、新川の桜と芝桜。ため息が出ます。レンズを通すとなおさら強調されるのはなぜでしょうと、疑問に思いますが、やはり観る目、被写体、そしてなにより写真の腕が良いのでしょうね。そう思います。

投稿: 10月のマルコ | 2010.04.10 17:56

今が一番いいときですね、
野山の若葉の息吹が感じられ
このエネルギーを沢山身体の
中へ吸収したいですね。

自然の恵みの贈り物なんですもの。

芽吹きの時のこの色合いがとても
心に残るいっときなんですよね
私も大好きな季節のひとときです。

投稿: スィートピー | 2010.04.11 00:06

★10月のマルコさん、
いつも丁寧なレスをありがとうございます。
レンズを通すと、余計なものがカットされること、
光の量などが自動でコントロールされるからでしょうか。
うちのニコンの双眼鏡は肉眼よりだいぶ明るくはっきり
見えます。

★スィートピーさん、
とにかく木という木がほとんど一斉に芽を吹くのですから
壮観ですね。木々の呼吸が聴こえてくるようです。
また新芽のういういしい色がなんともいえませんね。
それがみるみる育っていく。ほんとにいい季節です。

投稿: ripple | 2010.04.11 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオゲラ | トップページ | 花吹雪 »