« 作品115 | トップページ | まんさく »

2010.03.05

食の五行歌

ハウス食品が「食の五行歌」を募集している。われわれは生きるために食べるのだが、時に、食べるために生きるのではないかと思うことがある。それほど食とは縁が深い。けさ、ラジオで「年をとると、食べることが生きがいになる」なんて言っている人がいたが、分かる気もする。とにかく、食が人生を楽しくさせることは間違いない。もちろん高価な食でなくていい、心が豊かになる食であればいい。

わたしも一度だけ「食の五行歌」に応募したことがある。白菜のおしんこが美味しいというような歌で、予想通り落選した。ハウス食品には似合わなかったのだろう。というのはいい訳で、五行歌のできがイマイチだったのだ。たったいま思いついたことを、五行歌にしてみる。

こんなもの食えるかと思うほど
妻の料理は薄味だったが
いまはとても感謝している
素材の味が楽しめるし
なにより身体にいい

→ハウス食品「食の五行歌」募集

このサイトに行けば、募集要項が載っている。入賞賞品はハウス食品の詰め合わせだが、なかなか豪華なようだ。また、過去に入選した五行歌が見られる。ほのぼのする歌が多い。たとえば、

とろとろになるまで        高木直子
溶け合いたい
愛は
野菜スープの
具のように

« 作品115 | トップページ | まんさく »

コメント

 予想通り落選したっていうところで笑っちゃったんですけど、なるほど、確かにハウス食品には合わなかったかも。
 主催元の諸事情を推し量ってから(なんでも)作品を創作して応募するって大切なんでしょうね。
 自分は受からないと酷く落ち込むので、コンテストものには応募しません。

投稿: ぐん | 2010.03.05 18:42

★ぐんさん、
賢い選択ですね。それも有りです。(^-^)

投稿: ripple | 2010.03.05 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作品115 | トップページ | まんさく »