« なんだよこれ | トップページ | うぐいす »

2010.03.24

かごの鳥

雨降りなので、どこも出かけなかった。かといって、庭仕事もできない。録画した番組を見たり、録音しておいた「こころの時代」を聴いたりした。午後3時すぎ、中野島のカットイン「ジョリー」へに散髪に行った。椅子に座ると、ピーピーと小鳥の鳴き声が聞こえる。何の鳥と訊くと、カナリアだという。窓辺にすこし大き目の丸い鳥かごが吊るしてあって、そのなかにピンク色っぽい鳥の影が見えた。カナリアはたいがい黄色だが、赤いのもいるのか。これが思いのほか大きな音量で、しかも甲高い声で鳴く。

Aka1_2ここの大マスターは私が学生の頃から知っているが、大の鳥好きなのだ。去年はまだウグイスがいたと思う。その前はホウジロやメジロなど、何かしら鳥を飼っている。怪我をしたハシブトカラスを飼っていることもあった。カラスは主翼を少し切って飛べないようにしていたが、わたしが足を出すと、靴底をつっついてきた。その強さは相当なもので、頭でもつつかれたら確実に出血するなと思ったほどだ。ただ、最近では野鳥保護のためメジロやウグイスを飼うのは難しいらしい。

例のカナリアはひとしきり鳴くと疲れてしまうのか、静かになる。そして、また鳴き始める。わたしはバードウォッチングが趣味なので、ついカナリアの立場になって考えてしまう。人間の楽しみのために捕まえられ、小さな籠に入れられて可哀そうなことだ。美しい姿をし、声も悪くないので、捕まってしまったカナリアよ。こんど生まれてきたら人間に捕まらないようにしなよ、なんて心の中でつぶやいてしまう。ちゃんと餌をもらえても、籠の鳥にはなりたくない。

籠の中で
カナリアが
鳴いている
きれいな声だけに
哀しい

自然界は
危険がいっぱい

けれども
大空を飛ぶ
自由がある

カナリアといえば「ブルーカナリア」という歌が懐かしい。


« なんだよこれ | トップページ | うぐいす »

コメント

ついでに雪村いづみも聴きました。

投稿: 魚衆 | 2010.03.25 16:21

★魚衆さん、
雪村いずみの英語、きれいですね。
ブルーのLの音がいい。(^-^)

投稿: ripple | 2010.03.25 16:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんだよこれ | トップページ | うぐいす »