« 沈丁花 | トップページ | 白木蓮 »

2010.03.13

ホトケノザ

きょうは暖かい。ちょっと動くと汗ばむくらいだ。庭の草が目立ってきた。こういうのを俳句では「下萌え」というのだろう。ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、ハナニラなどが咲き始めた。雑草のたぐいだが、それぞれ可愛い花を咲かせている。

Hotokenoza
ホトケノザ、葉っぱが仏の座に見える。

Hime
ヒメオドリコソウ、姫踊り子草とはしゃれた名前だ。

Ooinuno
オオイヌノフグリ、ちょっとピンぼけ。

Inunofuguri
(参考)オオイヌノフグリの実。なるほど犬の睾丸に見える。

Hananira
ハナニラ

野に咲く花は
それぞれかわいい
どんな名前を
つけられようと
それぞれかわいい


« 沈丁花 | トップページ | 白木蓮 »

コメント

春の野草はとっても可愛いですね、
寒い冬を耐え抜いて咲く花だから
愛しいのでしょうか・・・・。

ハコベやミミナクサ、タンポポ、
ハハコグサ、ムラサキゴケ、このような
花は雑草として扱われますが、マクロで
撮ると結構いい味が出るのですよね。

投稿: スィートピー | 2010.03.13 22:02

★スィートピーさん、
いままで枯れ葉だったところに緑の葉が出て、
やがてかわいい花を咲かせるのがいいのでしょう。
死んでいたところに命が芽生えるという感じですね。
ハコベやナズナ、カラスノエンドウも咲きそうです。
けさは庭にカワラヒワが来ていました。(^^)

投稿: ripple | 2010.03.14 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沈丁花 | トップページ | 白木蓮 »