« 火事 | トップページ | 富士山の日 »

2010.02.22

雪割り草

Yukiwariso

雪割草という小さな花が静かなブームらしい。春蘭を集めているいとこが雪割草の写真をブログに載せているの拝借した。サクラソウに似ているが、やはりサクラソウ科だそうだ。色もいろいろで、花も一重、八重、変形種などがあって多彩である。広辞苑には5弁の花弁というが、この写真の花は6弁だ。雪の残っているころに雪を割るようにして咲き出すのが名の由来という。花言葉はその名も「忍耐」。

二月は如月(きさらぎ)。その意味は「着て、さらに着る」ほどまだ寒いということだと、ラジオで俳人の中原道夫さんが言っていた。広辞苑をひいてみると、それは誤りだという。

  きさらぎ【如月・衣更着】(「生更ぎ」の意。草木の更生することをいう。
  着物をさらに重ね着る意とするのは誤り) 陰暦2月の異称。


« 火事 | トップページ | 富士山の日 »

コメント

先日、孫娘に各月の異称について聞かれこの如月をやはり「重ね着」をするからと教えた後、待てよ・・?と思い辞書を見ましたら「草木の更生」と有り、初めてこの意味を知りました。
正に「負うた子に教えられ」の実践でした。
知るチャンスがあると言うのは嬉しい事ですね。

投稿: A.A. | 2010.02.22 19:26

可愛らしい花ですね
雪割り草の花の色は白というイメージを持って
いたのですがこんな色もあるのですね~

投稿: namiko | 2010.02.22 19:40

★A.A.さん、
草木の再出発というのはいいですね。
むかしの二月はいまの三月ごろですから、
春の兆しがいっそう強かったのでしょう。

知らないこと
ばかりだが
知る喜びが
たくさんある
と考えよう

★namikoさん、
花の色も形もいろんな種類があります。
寒さに耐えて咲くすがたが健気ですね。
いい名前をつけられたものです。
割るとは、すこしつよすぎるかな。

投稿: ripple | 2010.02.23 09:03

雪割草の花色は沢山あって、赤(ピンク)、白、紫、青、緑、色の種類は沢山あり、いろいろな、色や形が楽しめますよ~

投稿: kouka_810 | 2010.02.23 23:15

薄紫、薄いピンク、なんとも言えない微妙な色合い、花弁の可憐なこと、上を向いて春を告げてくれるようで最高です。庭の隅に咲いていても良いし、鉢で飾っても可愛いですね。

投稿: 10月のマルコ | 2010.02.24 11:08

★kouka_810さん、
写真、無断拝借いたしました。
ブログのURLを紹介しておきますね。↓
http://koukahanten.blog.ocn.ne.jp/blog/

★10月のマルコさん、
やはりサクラソウに似て可憐ですよね。
一説に、キンポウゲ科とみるそうですが、
それだけに花は多彩です。
大輪もいいけれど、ちいさな花もホッとしますね。

投稿: ripple | 2010.02.25 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火事 | トップページ | 富士山の日 »