« 自我はとれない | トップページ | 家族の会話 »

2010.02.15

たんぽぽ

Mado1

まどみちおさんの「くまさん」という詩集を開くと、こんな歌が載っていた。まどさん独特の、やさしく、あたたかい眼差しを感じる。團伊久万さんが曲をつけた「ぞうさん」もこんな調子だ。雨の日はこの種の素朴な歌でも読んで、心の中だけでもあたたかくしていたい。これも五行歌にすることができる。

たんたん
たんぽぽ
みいつけた
ちょうちょがとまって
いたからよ

つんつん
つくしんぼ
みいつけた
すみれとならんで
いたからよ

« 自我はとれない | トップページ | 家族の会話 »

コメント

幼少の頃を思い出させてくれる歌です。
ほっとし気分になります。祖母が歌っているようです素直な心になりますね。

投稿: 10月のマルコ | 2010.02.15 14:09

★10月のマルコさん、
レスありがとうございます。
本当にこのまま童謡になりますね。
言葉がやさしいし、リズミカルだし。

しとしと
しっとり
ふゆのあめ
まもなく
ゆきになるでしょう

投稿: ripple | 2010.02.15 16:00

 しとしとしっとりのうた、いいですね!!。
 まもなくゆきになるでしょう、が叙情的です。

 ところで降る降るって言って、なかなか降りませんね。あさっても雪マークですが、どうなのでしょう。

投稿: ぐん | 2010.02.15 20:19

まどみちおさん、言葉がやさしいし、リズムもいいですね。
私は「くまさん」が、大のお気に入りです♪

はるがきて めがさめて 

くまさん ぼんやり かんがえた  

さいているのは たんぽぽだが  

ええと  ぼくは  

だれだっけ   だれだっけ 

                         

はるがきて めがさめて  

くまさん ぼんやり かわに きた 

みずに うつった いいかお みて 

そうだ ぼくは くまだった  

よかったな


特に最後の「そうだ ぼくは くまだった よかったな」が好きです。

息子が小学生の時、教科書に載ってて、一緒に百回位、朗読しました。
顔を洗う度に息子と「そうだ ぼくは にんげんだった よかったな」と言って笑ってたのを思い出しました。

投稿: サマンサ | 2010.02.15 22:13

雨の日はこんな詩集でも。
いいですね。
ゆったりした暮らしにあこがれながら
せかせかしています。
でも私の習字の稽古や英語学習も傍から見ると
優雅なひとときに写るでしょうね

投稿: Kei | 2010.02.16 07:20

★ぐんさん、
降るぞ
降るぞ
今夜こそ
この雪雲は
本気らしい

★サマンサさん、
そうですね。リズムがいいので
まどみちおさんの詩はもう歌です。
声に出して読みたい、歌いたい。
みんな違って、みんないい。
おっと、これは金子みすずさんだ。

★Keiさん、
そうですね
Keiさんは
ちょっと
習い事が
多すぎです

濃厚な人生ですね。(^-^)

投稿: ripple | 2010.02.16 10:54

時間に追われたり、嫌なことがあったり、くよくよしてみたり・・・・そんな時まどさんの詩を読むとホッとしますね

投稿: エノコロ | 2010.02.16 17:04

★エノコロさん、
まどみちおさんは、いまちょうど百歳。
どれだけ多くの人々を元気づけ、癒し、
なぐさめてきたことでしょう。
なんかオアシスみたいな人ですね。

投稿: ripple | 2010.02.16 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自我はとれない | トップページ | 家族の会話 »