« どこまでも | トップページ | 梅ほほえむ »

2010.01.30

冬なのに夏みかん?

Natsumikan
けさ通勤路で見た夏ミカン

秋から冬、春にかけて、柑橘類が目につく。みかん、ゆず、きんかん、夏みかん、甘夏、八朔などだ。ときには、レモンやスダチなどを見ることもある。けさも夏ミカンが鈴なりになっているのを見た。甘夏との区別はできないが、近寄ってよく見ると、やはり夏ミカンとしか思えない。しかし、冬になる実をなんで夏ミカンというのだろう。ネットで検索して調べてみると、いろんなことが分かった。 →医療法人錦秀会のホームページより

夏みかんて、どんなみかん?
ビタミンCが豊富で、疲労回復や肌の新陳代謝を良くするほか、粘膜を丈夫にして風邪の予防、血管の老化防止に役立ちます。果皮には「オーラプテン」という香りの成分も多く含まれ、発ガン抑制効果が期待できます。 果実は400~500g(温州みかんの4~5倍)でじょうのう(中の小袋)が厚くて硬く、苦み・酸味がありますが、夏の果物として爽快さを好む人もいます。

夏みかんの歴史
夏橙(なつだいだい)が正式な名称。1700年頃(江戸時代中期)に現在の山口県長門市の青海島、大日比海岸に漂着した果実の種をまいて育てたのが始まりとされています。その原木は昭和2年に史跡名勝天然記念物に指定され、現在も保存されています。

夏みかんの旬
秋になる果実は、酸味が強く生食には不向きと考えられ、子供の玩具(ボール遊び)や酢の代用として使われてきました。しかし、もぎとらないでおいていたところ、初夏に食べ頃に。それ以来『夏みかん』と呼ばれるようになりました。現在は2月頃から出回り、最盛期は4~6月。産地は山口県萩のほか、和歌山県が有名です。


« どこまでも | トップページ | 梅ほほえむ »

コメント

夏ミカンとか甘夏は年を越して初夏の頃が
美味しいということなのですね
それにしても長い事、木にぶらさがっている事に
なりますね。

野鳥は食べないのですね~

投稿: namiko | 2010.01.30 19:19

 こんばんは。
 12月中旬に某所で花盗人ならぬ柑橘盗人をして、まだ部屋に飾っております。2月になったら食べてみようと考えております。
 夏みかんだと思うんですけど、良く判りません。

投稿: ぐん | 2010.01.30 20:20

大きな柑橘類の木を見ると、重たい果実をよく支えてるなぁと感心します。熊本産の晩白柚などもよそ様のお庭で見かけますが、子どもの頭くらいの実をぶら下げるなんて、力持ち~!

投稿: エノコロ | 2010.01.30 21:42

夏みかん好きです。

今朝テレビを見たあとに。

今頃は
rippleさんも
聞いてるかなあ
NHK短歌の
添削の時

あら恋文みたいね。
rippleは録画でしたね。

投稿: Kei | 2010.01.31 09:28

★namikoさん、
ほんと、半年以上ぶらさがっているのですね。
そういえば金柑なんかも長くなっています。
鳥も夏みかんが苦いことを知っているのでしょう。
金柑ならひよどりの好物ですが。

★ぐんさん、
ようこそ、おいでくださいました。
夏みかんは柚子みたいにごつごつしてますよ。
でも、いまはいろんな改良品種が出てきていますから
分かりませんね。ああ、唾液が出てきた。

投稿: ripple | 2010.01.31 10:53

★エノコロさん、
そういえば、ブンタンなんて大きいのがありますね。
1キロぐらい楽にあるのではないでしょうか。
ぼんたん、でこぽん、グレープフルーツ、柑橘類は
本当に種類が多いですね。

★Keiさん、
短歌のときはまだ瞑想中でした。
俳句から見始めましたよ。きょうの主宰、片山さんは
京子の同窓生です。すごい勉強家だったそうです。
添削は添削でおもしろいですね。
もっとも、片山さんは大胆にも「よだか星」を
「寒すばる」と変えていました。俳句はあそびと割り
切っているようです。五行歌は正直でいいですね。

「わたしに名言」は楽しいですね。(^-^)

投稿: ripple | 2010.01.31 10:59

そう言えば小学校に上がる前の3ヶ月程、岡山の伯母の家に一人で疎開していました。思えば丁度今頃ですよ。
庭に大きな夏みかんの木が何本かありまして、あまり
スッパイとも思わないで捥いで食べましたっけ。
こんな季節に何で夏みかん?の疑問も持たずにこの年まで
来ましたが、そうでしたか。
知る事って楽しく、嬉しい事ですね。

投稿: A.A. | 2010.01.31 19:53

★A.A.さん、
苦くて酸っぱいのが夏みかんでしたね。
それにしても長いこと枝にぶらさがっていること。
夏みかんを半分に切り、にんにくを適当に混ぜて
焼酎、砂糖で漬けると、夏みかんニンニク酒が
できます。疲れたときなどいい薬になります。(^-^)

投稿: ripple | 2010.02.01 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どこまでも | トップページ | 梅ほほえむ »