« 梅の花 | トップページ | だからこそ »

2010.01.23

パピーボックス

ヤフーを見ていたら、東京新聞のこんな記事が転載されていた。

県が進める「ちば食べきりエコスタイル」の一環として、森田健作知事は、JR千葉駅前の飲食店「築地日本海」で、食べ残した料理を持ち帰るために使う「ドギーバッグ」を利用客に配り、食べ残し削減への協力を呼び掛けた。 県は食べ物の大切さやごみの減量化について考えてもらおうと、今月から県内の飲食店二百八十五店舗で、モデル事業として食べ残しの持ち帰り運動を展開している。ドギーバッグは、犬のえさにするという名目で食べ物を持ち帰ることから付いた名称で、欧米では広く利用されているという。

Puppybag_2

ドッグ(dog)は犬で、ドギー(doggie/doggy)はその愛称のようなものだから、ドギーバッグでもいい。しかし、ドッグにしてもドギーにしても、なんとなく軽蔑の意味が含まれる。また、ドとグ、あるいはギと濁るのでいまいち品がない。わたしはパピーボックスがいいと思う。そういう呼び方をしているところもあるからだ。

以前、オステオパシー(整骨医学)の勉強のため、米国ミズリー州のカークスビルに行ったことがある。そのとき、オステオパシー医科大学の学長さんたちと食事会を開いた。ところが出てきた料理の量に驚いた。一品が日本の2倍から5倍ぐらあるのだ。楽しい食事会だったが、どうにも食べきれない。そうしたら、教授の一人が「パピーボックスをもらえばいいよ」と言ってくれた。パピー(puppy)は子犬だから、仔犬のおみやげ、わんわんの箱、というような意味だ。それが紙でできたかわいい犬小屋状の入れ物だった。日本ならビニールパックだろうが、なかなか洒落たサービスがあるものだと感心した。

ドギーよりはパピーがいい。わん公がわんちゃんになったようで可愛いし、音もいい。英和辞典をひくと、doggyもpuppyも子犬だが、puppyは特に1才以下の子犬とある。あとで人間が食べてしまうかもしれないが、それをパピーボックスと遠まわしに言うのもいいではないか。

食べ残しは
もったいない
パピーボックス
に入れて
持って帰ろう


« 梅の花 | トップページ | だからこそ »

コメント

たまーに子どもやその家族と食事に行った時
余った物を持ち帰ろうとすると、またーと軽蔑のまなざしで、見られます。私はもったいない。
子どもは貧乏家族で困っているのに、親の支払いだと
思うから、残った物は当然捨て置き。
もっとも食べきれないのは親のほうだけだけど。
残った物をスマートに持ち帰られるといいですね。

投稿: Kei | 2010.01.25 07:25

★Keiさん、
男の宴会のあとは、誰も持って帰りません。
男はプライドが高いので、なかなか。
そこへ行くと、女性は現実的ですね。
うちの妻など、いつもビニール袋を忍ばせて
います。もったいないですからね。(^-^)

投稿: ripple | 2010.01.25 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅の花 | トップページ | だからこそ »