« 光っているのは木星 | トップページ | 水仙の花 »

2009.12.23

ほたるの里

枡形山と専修大学のあいだの谷間は「ほたるの里」と呼ばれている。夏の夜に行ったことがあるが、10匹ほど蛍を観察することができた。久しぶりに足を踏み入れてみた。多摩川などで見られる鳥ばかりだが、鳥見は楽しめる。カワラヒワ、アオジ、メジロ、シジュウカラ、エナガ、ツグミ、コゲラ、キジバトなどを観察できた。

Sato01
カワラヒワ

Sato02
アオジ

Sato03
ジョウビタキ♀

Sato04
シジュウカラ

Sato06
メジロ

Sato07
エナガ

Sato08
エナガ

楽しそうな
野鳥を見ていると
その棲息地を
奪ったことを
申し訳ないと思う

« 光っているのは木星 | トップページ | 水仙の花 »

コメント

可愛らしい野鳥の姿、元気をいただけそうです。写真も素晴らしく撮れていると思います。寒さの中冬眠できない鳥達は生きる為に一生懸命ですね。

投稿: 10月のマルコ | 2009.12.24 14:04

★10月のマルコさん、
三次元をものすごいスピードで飛び回る彼らには
舌を巻くばかりです。十数グラムしないからだで
冬を越すのは大変でしょうね。しかも、その棲息
地が気の毒なくらい狭くなっていきます。

投稿: ripple | 2009.12.24 14:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光っているのは木星 | トップページ | 水仙の花 »