« 正月かざり | トップページ | 初詣 »

2009.12.31

新年号投稿歌

こどもの頃から
箱根八里を
愛唱したが
歌詞はさっぱり
ただ勢いで歌う

小六のとき
はじめて乗った
箱根登山電車
スイッチバックに
いまでも興奮

早雲山での
林間学校
旅館に
米五合を
持っていった

箱根に行って
重要なことが
ひとつある
富士山が見えたか
見えなかったかだ

登山電車から
見え隠れする
国道一号線
駅伝の選手が
見え隠れする

ひたすら走って
たすきをつなぐ
文字通り
今様飛脚
箱根駅伝

« 正月かざり | トップページ | 初詣 »

コメント

こどもの頃から箱根八里を愛唱したが歌詞はさっぱりただ勢いで歌う.
巻頭歌、おめでとうございます。
素直な少年時代の先生がよく表れていると歌をみて思いました。箱根の思い出沢山あり、それをまとめ詠う事の難しさ感じますね。

投稿: 10月のマルコ | 2010.01.04 09:27

★10月のマルコさん、
お互いに五行歌というものに縁があって
人生にアクセントがつきましたね。
それにしても、マルコさんは本当に深く
はまっていますね。掲示板でのコメント
が丁寧で、ほとほと感心しています。

本誌の投稿はいつも切羽つまってしまいます。
もうすこし腰をすえて書きたいのですが。

投稿: ripple | 2010.01.04 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月かざり | トップページ | 初詣 »