« クレーン解体 | トップページ | しんゆり歌会・12月 »

2009.12.15

AKの個人レッスン

アレクサンダー・テクニークの個人レッスンを受けた。患者さんの一人が、狛江市に先生がいるというので行ってみた。サラ・バーカーさんの『姿勢術』を読んだり、そのセミナーに参加しているので、予備知識はあったが、レッスンを受けるのは初めてだ。想像とはかなり違っていた。理論的な説明はほとんどなく、どういうことを心がけるべきかということもなく、先生の感覚でわたしのからだの「もっとも自然なありかた」を探っていくのである。先生は、ひたすらわたしのからだに尋ねながら、もっとも自然な位置を探しているようだった。

→アレクサンダー・テクニーク

トレガー・アプローチという手技療法があるが、どちらかというと、それに近いようだ。からだに働きかけて、からだを解放して、自由で緊張のない、もっとも自然な姿勢を見つてゆくというのが似ている。とくに、からだは外からの支え(outer support)と内からの支え(innner support)によって維持されている、という話がよかった。からだは主に骨と筋肉が支えている。また、足の底から、足首、膝、股関節、骨盤、腰椎、胸椎そして頸椎が頭蓋を支えている。それだけでなく、からだは床に、大地に、周囲の空気にも支えられている。それを感じとりながら、いちばん自然な「ありかた」を探してゆく。そうすれば、心身ともに最善の状態でいられるというのだ。

わたしは朝晩、ヴィパッサナー瞑想を続けているが、その姿勢がいまいち決まらないような感じがして、自分なりにアレクサンダー・テクニークを取り入れてみた。お尻の下に角枕を置いて、軽く胡坐をかいて座る。腰から背中を伸ばし、最期に頭を肩から浮かす。それから、からだを前後左右に動かして中心線を探す。中心線が見つかったら、少し緊張をゆるめて、自然に座る。瞑想をしていると、だんだんからだが降りてしまうので、何度か頭を浮かすようにして姿勢を整える。こうすることによって、瞑想中の集中力は格段によくなった。

→瞑想とアレクサンダー・テクニーク

頭を肩から浮かすとき、あまり強くやると背中が緊張してしまう。かといって緊張をゆるめ過ぎると、からだがひしゃげてしまう。その中間にある自然な姿勢、中心線を保ちながら、ゆったりと座る方法を模索してきた。そのことを話すと先生は、「どんな姿勢でもいいのです。どんな姿勢のなかでももっとも自然な位置があるのです」と、分かったような分からないようなことを言う。「中心線にこだわったりしないで、からだの感覚を感じ、もっともしっくりくる姿勢、もっとも自然な姿勢を見つければいい。本当は、もうなんにも考えなくてもそうなるのが理想なのです」。

どんな姿勢の中にももっとも自然な位置があるのです、という言葉は貴重だった。それで、あまり中心線にこだわらずに楽な位置を探して座ってみた。なるほど案外、どの位置でもそれなりに自然な姿勢がとれるのが分かった。外からのサポートで、空気にも支えられているというが、そのこと意識すると皮膚の感覚がよく観察できる。また、からだ全体の自然な位置を探すことで、からだ全体をよく意識できるようになった。アレクサンダー・テクニークの個人レッスンを受けたおかげで、瞑想がずっとやりやすくなった。アレクサンダー・テクニークもヴィパッサナー瞑想も、理屈でなく感覚の世界なのだ。

からだは
大地に支えられ
宇宙に抱かれている
力を抜いて
任せきってみよう

« クレーン解体 | トップページ | しんゆり歌会・12月 »

コメント

アレクサンダー・テクニーク トレガー・アプローチ ヴィパッサナー瞑想。三位一体で当に鬼に金棒と思います。悩める病人、病める心と身体の回復を助ける、力になると思いました。

投稿: 10月のマルコ | 2009.12.16 09:15

「からだは骨と筋肉が支えている」この言葉は腰痛治療の為、ジム通いを初めて10年になった近頃、やっと実感出来る様になりました。ラットプルダウンのマシーンなど、両手でバーを握り、重りを上げる時、腕で力任せに引っ張るのではなく胸筋で引き上げるように・・、と言うスタッフの言葉が今理解出来ます。「身体が覚える」と言うのはこの事なのですね。

投稿: A.A. | 2009.12.16 23:20

ありがとうございます♪

忘れていたものを呼び起こしてます。(笑)
「からだを解放して、自由で緊張のない、もっとも自然な姿勢を見つけてゆくというのが・・・」
このところ身体が緊張して、いたるところに痛みが出ていたので自然な姿勢を見つけて解放してみます。
身体が緊張していると、思考も幅が狭いです。
ていうか・・・マイナス思考に片寄ります

投稿: yoko | 2009.12.17 10:16

★10月のマルコさん、
オステオパシーのひとつ、カウンターストレインも、からだにどうしてもらいたいかを訊いて、それを満足するような姿勢を探すのですから、同じ流れだと思います。自然はの教えはシンプルでなのでしょう。

★A.A.さん、
頭で考えることをやめて、からだを感ずることが大切なのでしょう。ほんらい、動物としてもっている感覚なのですが、人間はそれを忘れてしまっていますからね。ジムですか、がんばってますね。

★yokoさん、
トレガーのセミナーでお会いしたのでしたね。あれ、まだ使っていますか。旦那さんとお互いにからだを優しく揺すり合うといいでしょう。からだの本来もっている知恵、力をもっと使うというのですが、これも瞑想と同じで、言うより実行するしかありませんね。

投稿: ripple | 2009.12.17 13:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クレーン解体 | トップページ | しんゆり歌会・12月 »