« 芋煮会 | トップページ | 公孫樹の黄葉 »

2009.11.30

内藤大助、お疲れさま!

心配だった。内藤が入れ込み過ぎている。感情が先回りしている。WBCはオープン・スコアリング・システムをとっており、4回と8回に採点が公表されるから、最初にリードしておこうと思ったのだろうか。一方、亀田は妙に落ち着いている。負けてもともとだから、ふだん通りの力を出せばいい。そんな感じで、力みがない。試合は案の定、内藤が攻め、亀田がかわすという構図になった。どちらがチャンピオンで、どちらが挑戦者か分からない。

Kame内藤大助は積極的に前に出た。手数も多かったが、やや大振りの感じがした。亀田興毅はアウトボクシングに徹し、カウンター狙いで、コンパクトなパンチを出した。2ラウンド、亀田のノーモーションの左ストレートが内藤の顔面をヒット。いきなり飛んでくる強烈なパンチだ。内藤の顔がつぶれ、一瞬、腰がぐらついた。鼻はみるみる腫れ上がり、血が流れ落ちた。この一発が流れを決めたように思う。手数では内藤が上回ったが、有効打、ガード、試合の主導権、は亀田が握った。亀田の懐に入れない内藤のもどかしさが伝わってくる。入ろうとすると、カウンターが飛んでくる。しかし、これもボクシングだ。現実はきびしい。

亀田興毅はこの試合のため、特別なトレーニングを積んだという。科学的な筋トレだ。だいぶ筋力アップを図ったらしく、リングに上がったとき、首や腕が一回り太くなった感じがした。パンチも強くなったに違いない。首まわりの筋肉が強くなったぶん、打たれ強くなったのかもしれない。けさTBSの「朝ズバ」に生出演していたが、試合前のような悪たれはつかず、内藤選手をたたえ、感謝していた。精神的にも大人になったようだ。

試合は3-0の判定で亀田の勝ち。がんばった内藤大助さんにも、拍手。

燃い内藤は
前に出る
冷めた亀田は
カウンター
いい試合だった


« 芋煮会 | トップページ | 公孫樹の黄葉 »

コメント

内藤選手も頑張りましたが、亀田選手も本当に大人になりましたね。逆境を肥やしにされたのですね。

投稿: 10月のマルコ | 2009.11.30 17:00

★10月のマルコさん、
強いやつが勝つか、勝ったやつが強いか。
亀田は本当に成長しましたね。
内藤大助もよくがんばりました。
命がけの試合を見たように思います。

投稿: ripple | 2009.11.30 17:55

昨日の試合は見なかったのであなた様の実況そのものの記事に了解しました、感謝です、
私も内藤が勝つとばかり、、、亀田を信じませんでした、内藤選手本当にお疲れ様ですと私も思いました。

投稿: acacia | 2009.11.30 18:35

内藤選手はご苦労様、引退後、どうぞお人柄を生かして芸能界で活躍してください。

亀田選手は、彼が尊敬すという5階級制覇サウスポーであるアジアの星・マニーパッキャオ(フィリピン・政界へ進出)に近づけますか?特にサウスポーのすばやい伸びる左ストレートが身につくか。

亀田の実力は本当は日本王者レベルでしょう、ラスベガスで世界のメーンエベンターと互角に戦うえるのは、いつになるでしょう。亀田親父のやり方はそこまで通じるでしょうか、、(具志堅、ガッツ石松など反論)。今から楽しみです。

投稿: OKY | 2009.11.30 22:17

★acaciaさん、
ボクシングも何が起こるか分からないスポーツですね。
しかし、内藤は最期まで倒れずに戦いぬいた。立派です。
youtubeで検索すると、動画が見られます。

投稿: ripple | 2009.12.01 09:21

★OKYさん、
そう、内藤選手はいいキャラしていますね。
すぐにでも芸能界入りができそうです。
チャンピオンづらしないところなど、いいな。
 これからしばらくは亀田一家が注目される
ことになるでしょう。少しずつ品格もつくように
思います。原石は磨けば宝石になりますね。

投稿: ripple | 2009.12.01 09:26

私はボクシングを見ませんが(当日、坂の上の雲を見ていました)内藤選手は気になっていました。ボクシング以外で見る内藤選手は優しくて、謙虚で、とても好きです。どこにプロスポーツの根性を秘めているのか不思議なところが魅力ですね。

投稿: エノコロ | 2009.12.01 14:11

★エノコロさん、
坂の上の雲は録画しました。まだ見てません。
亀田はべつだけど、ボクシングの選手は内気な
人が多いような気がします。いじめられっ子が
強くなりたくてボクシングをやるケースですね。
過酷な練習、きびしい減量など、選手はみんな
立派だと思います。内藤はとくに立派ですね。

投稿: ripple | 2009.12.01 15:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芋煮会 | トップページ | 公孫樹の黄葉 »