« わくわくハロウイン | トップページ | 彼岸花の葉 »

2009.11.01

百舌百声

Kisekirei001
キセキレイ。モズは作業中だし、暗かったので写真が撮れなかった。

日曜日の午後だ。野鳥を見に行こうかなと思ったが風が強いのでやめた。十数グラムの鳥たちは、こんな日はどこかに隠れていて姿を現さない。しかたなく家に帰って、畑の草取りや野菜の支柱のかたずけをした。めずらしくキセキレイが遊びに来た。ハクセキレイはよく来るがキセキレイやセグロセキレイはめったに来ない。

しばらくすると、キキキーツとけたたましい鳴き声が聞こえた。声のするほうを見ると、うちのアンテナにモックンがやって来た。モックンとはモズの愛称である。ゆっくり尾を回しているが、天気が悪いのでシルエットしか見えず、オスかメスかは判別できない。たぶん、いつものメスだろう。

モズはずっとアンテナに止まっている。もう来たてのような甲高い声では鳴かない。そのうち、やや小声でいろんな鳥の鳴き真似を始めた。メジロ、スズメ、シジュウカラ、ヒヨドリ、カワラヒワなど、明らかにその種類を特定できるものもあるが、何の鳥だか分からないのもある。なんて器用なやつだ。

バードウォッチングを始めて6年ぐらいになるだろうか。鳴き声だけで鳥の種類をかなり判別できるようになっている。だから、モズが真似する鳥が分かるようになった。それにしても、モズの鳴き真似には舌を巻く。モズは漢字で鵙、当て字で百舌あるいは百舌鳥と書くが、まさに百舌鳥の名にふさわしい。きょう、あらためて確認した。

« わくわくハロウイン | トップページ | 彼岸花の葉 »

コメント

ハクセキレイもキセキレイもしっぽを
上下にヒクヒクさせている姿は可愛いし
とってもキレですね~

モズがそんなに物まねが上手なのですか?
知らないうちに鳴き声を聞いているかも
しれませんね。

投稿: namiko | 2009.11.02 13:20

★namikoさん、
セキレイの別名をご存知ですか? イシタタキです。
しっぽでトントンと石を叩いく様子からきています。
浅瀬のセキレイはまさに石叩きですね。
 モズは器用です。百舌の名の通りです。昔の人は
観察力がすぐれていますね。

投稿: ripple | 2009.11.02 14:17

今年はモズに出会いません。近所にいないのか、私に余裕がなくて気付かないのか・・・・モズが鳴き真似をするのは知っていますが、今までに実際そんな場面に出くわしたことありません。いつもキーキー言ってるような気がしますが・・・・鳴き真似是非聞いてみたいです!

投稿: エノコロ | 2009.11.02 16:34

★エノコロさん、
モズは高いところにいます。最近は縄張りが確定して
あまり高鳴きはしません。鳴き真似は以外に小声にな
りますから。近く来た時しか聞けませんね。だいたい
止まるところは決まっていますから、そこで辛抱して
待つよりほかありません。鳥見はたいへんです。(^-^)

投稿: ripple | 2009.11.02 16:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わくわくハロウイン | トップページ | 彼岸花の葉 »