« 秋明菊 | トップページ | 雨の酔芙蓉 »

2009.10.05

口絆創膏

寝ているあいだに口が渇くのを防ぐため、口にななめに絆創膏を貼るようになって、すでに20年ぐらいになる。その効用は大きいが、すすめてもやる人は意外に少ない。残念なことだ。うちのホームページの「健康メモ」欄に載せてある文章を引用しよう。

1.のどの弱い方に朗報です。のどを守る、安くて、手軽で、効果的な方法があります。それはちょっと変わった方法ですが、口を絆創膏でふさいで眠るのです。私たちも3年ぐらい続けていますが、のどがいがらっぽくなることは、ほとんどなくなりました。風邪の予防にもなりますので、ぜひ、お試しください

Kuchiban2.口をそっと閉じて、上唇の上と下唇の下をつなぐように絆創膏を貼ります。すこし斜めに貼ると、うまく貼れます。息苦しくはなりません。絆創膏といっても、ほんとの絆創膏では唇にくっついてしまうので、バンドエイドのようなものがよいでしょう。ガーゼの部分があるので唇につきません。口をあまり強く閉じないようにして貼るのがコツです。

3.口をふさぐと必然的に空気が鼻を通って温められ、適度にしめりけが与えられ、ほこりや雑菌が取り除かれます。すると、のどが冷えず、乾かず、ほこりや雑菌がつくことがないので、いがらっぽくなりません。

4.これは耳鼻咽喉科の医師で、同時にオペラ歌手でもあるという、前広島大学学長の原田康夫先生のアイデアです。学長はなんと25年あまり、一日も欠かさず、この方法を実践しているそうです。

Kuchibanここ一年ぐらいは、絆創膏の両端を切って短くし、それを口の真ん中に縦に貼っている。そうすると糊の部分が少ないのでらくに貼れる。最近ではイビキ防止に専用の絆創膏を売っているが、なに、こちらのやり方でじゅうぶんである。これからインフルエンザが流行するような気配があるが、この口絆創膏で粘膜を保護すれば、けっこう予防になるような気がする。

« 秋明菊 | トップページ | 雨の酔芙蓉 »

コメント

おはようございます♪
口絆創膏は、知ってはいましたが苦しそうだなと
思っていました。こんないい事があるのですね。
私はそれより歯を食いしばって寝る癖があるので
困っています。
歯に影響が出始めていて止める様に言われるのですが
自分でコントロール出きるくらいなら苦労は
しませんよね^_^;

投稿: ミモザ | 2009.10.08 07:44

★ミモザさん、
口絆創膏は思ったほど苦しくはありませんよ。
三日もやれば慣れます。
歯ぎしりは自分でやる歯の矯正という話もあり
ます。それからストレスの解消。大声を出す、
からだを動かす、五行歌を書く、などで発散
しましょう。あとは自分をほめましょう。(^-^)

投稿: ripple | 2009.10.08 08:57

えっ?これって歯ぎしりなんですか?
音は出ていないようなのですが。。。
医師にも言われましたが、やっぱりストレスですね。
静かに辛抱しなければいけない理由があるのですが、
発散は大事なのですね。もっと好きな事やります。
rippleさんに言って頂くと嬉しい(^O^)/

投稿: ミモザ | 2009.10.08 10:22

★ミモザさん、
あれ、歯ぎしりじゃなかったのですか。
みんなそうでしょうが、なんかこもって
しまうんですね。夢も多くは発散らしい。
気配りのできる優しい自分を好きになり
ましょう。ミモザさん、素敵ですよ。

投稿: ripple | 2009.10.08 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋明菊 | トップページ | 雨の酔芙蓉 »