« カラスの行水 | トップページ | 新蕎麦 »

2009.10.13

キンモクセイ

Kinmokusei2

甘い香りが
記憶を蘇らせる
小学校の校庭にも
咲いていたっけ
金木犀


« カラスの行水 | トップページ | 新蕎麦 »

コメント

一斉に
咲き出した
金木犀
何処にいても
あなたの薫り・・

まだか、まだか、と気にしていたら
あっという間に咲き出して、あたり一面に
オレンジの花がこぼれていました。
短い儚い花ですよね。

投稿: スィートピー | 2009.10.13 22:12

夜道で香るキンモクセイっていいですね!真っ暗で木が見えないから余計に感動するのでしょうか?不意に香りに襲われる感じがロマンチックです。

投稿: エノコロ | 2009.10.14 14:42

真っ暗闇で
ふいに抱きしめられたような・・・・・
思いがけない
優しさに包まれる
金木犀の咲く夜道

投稿: エノコロ | 2009.10.14 14:56

金木犀、何処にでも有るが何処に有るかと聞かれると、忘れている事が多い、地味な樹木なのでしょうね。香りを振りまいている今が、旬ですね。中国桂林の、町を歩きましたが、この木が多い所です。

投稿: 10月のマルコ | 2009.10.14 17:39

★スィートピーさん、
ここにも
あそこにも
金木犀
う~ん
甘いなあ

金木犀と
ヒイラギと
ライラックは仲間
いずれも甘い匂いで
理性を奪う

投稿: ripple | 2009.10.15 09:22

★エノコロさん、
そうですね。金木犀は夕方つよく匂うようです。
自転車を走らせていると、ふいに甘い香りが鼻を
くすぐります。

暗闇でふいに抱かれたら怖いけれど、金木犀の
香りは優しくそっと包むように抱いてくれるから
ロマンチックですね。あの匂いはなにか奥底に
ある本能を目覚めさせるようで危うい感じも
ありますが。(^-^)

投稿: ripple | 2009.10.15 09:28

★10月のマルコさん、
香りの花といえば、沈丁花と金木犀ですね。
とちらも夕方つよく匂ってくるようです。
自転車で来るとき、キンモクセイの垣根の
お宅があって、そこを通るのが楽しみです。
桂林、まだ行ったことがありません。
一度、璃江下りをやってみたいですね。

投稿: ripple | 2009.10.15 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラスの行水 | トップページ | 新蕎麦 »