« 毎日の瞑想 | トップページ | ジョウビタキ記念日 »

2009.10.27

瞑想とアレクサンダー・テクニーク

ヴィパッサナー瞑想では、あまり姿勢について指導はしていない。坐禅の結跏趺坐のような姿勢をとる必要はない。らくな姿勢ですわり、できれば背骨をまっすぐに伸ばしておきなさい、というぐらいだ。あぐらをかいてお尻の下に5㎝ぐらいの座布団をかい、背中を伸ばして座る姿勢が、いちばん長時間すわれるので、みんなそうして座るようになる。正座では膝がもたないのだ。ただ注意しないと重力に負け、自然に頭が落ち、前かがみになり、背中が丸くなる。

Alex1_3わたしは最近、瞑想の姿勢にアレクサンダー・テクニークを応用している。これがなかなかいい。足を組まず前後に置き、あぐらの姿勢になり、お尻の下に座布団を二つ折りにしたものをかう。それから腰を前に押し出すようにして背骨を伸ばす。頭のてっぺんをさらに上に伸ばすようにして中心線を見つける。それにはからだを軽く前後左右に傾けてちょうどバランスがとれる位置を探せばいい。それから肩やあごの力を抜いて、呼吸を観察する瞑想にはいる。

雑念がわいたら少し強めの呼吸をして鼻の下に意識を戻せばいい。しかし、雑念に飲み込まれて、ずっと考えごとをしてしまうこともある。そんなとき、背中は重力に屈して丸くなり、首は前に垂れている。これを防ぐためにアレクサンダー・テクニークを使うのだ。アレクサンダー・テクニークを一言で要約すると、つぎのようになる。

いかなる動きであれ動作であれ、なにかをするときには、まず、頭全体をからだからひきはなすようにスッと持ち上げ、からだがその動きについていくようにする
      〔「アレクサンダー式姿勢術」、三天書房、サラ・バーカー著、p73/絶版〕

わたしは一時このアレクサンダー・テクニークに傾倒し、自分の部屋や治療室の壁に「上に伸びる」という標語を何枚も貼っていたことがある。頭を肩から離し、上に持ち上げるようにすると、背骨がそれについてゆく。すると筋肉の無駄な緊張がなくなり、からだが自由に動くようになるのである。姿勢がよくなると精神的にも明るく前向きになる。

Alex2_2瞑想のときも、この原理を使うのだ。いちおう瞑想の姿勢をとったら、頭を上に持ち上げていき、背中を伸ばす。そしてまっすぐになったことを確認してから、軽く肩やあごの力を抜く。頭が肩からほんのすこし浮くぐらいの姿勢を保つのだ。そのために背中の筋肉は少し緊張しているが、からだの重さが前後左右均等にかかっているので、体重はほとんど背骨だけで支えていることになり、無駄な緊張はない。

瞑想の姿勢にこのアレクサンダー・テクニークの原理を取り入れ、頭を持ち上げて背中を伸ばすようにして座ると、集中力が高まり、あまり雑念がわいてこなくなった。これを習慣化するには時間が必要だろうが、いい瞑想ができると思うとけっこう意識を保つことができる。以前より微細な感覚を感じられるようになった気がする。なによりも、1時間の瞑想があっという間に終わってしまう。

日本アレクサンダー・テクニーク協会

きょうの発見・関連記事(セミナー)

いかなる
動作をするときも
頭を上に持ち上げるようにすると
背骨がそれについてゆき
その動作がスムースになる


« 毎日の瞑想 | トップページ | ジョウビタキ記念日 »

コメント

チーターが獲物を追う時の映像観た事有りますが、A、Tそのものですね。尻尾をバランサーに使いますが、人の場合、脳がそれを代償するのでしょうね。

投稿: 10月のマルコ | 2009.10.27 21:30

私も一度だけA・Tを受けたことがあります。
たしかにA・Tでは、重要な姿勢や体の使い方を教えてくれるんですが、
整体とか武術とかで、いつも自分の体と対話してる人じゃないと
理解しにくいんじゃないかと思いました。

投稿: たにやん | 2009.10.28 09:34

私もここ3ヶ月くらい、朝晩に瞑想をしています。でも時間は20分から40分くらいで、それぞれ1時間ずつという習慣からは程遠いです。特に就寝前の瞑想は必ず睡魔に襲われてしまうので、なかなか厄介ですね。
姿勢がうまく決まると、百会のあたりに意識を置いたときに、ぐっと頭を上に引っ張られる感じがします。そうすると首や肩の緊張が取れて、とても楽になります。
今度長い休暇が取れる時には、千葉に完成したヴィパッサナーセンターに行きたいと考えています。

投稿: スノウマン | 2009.10.28 14:25

★10月のマルコさん、
おっしゃる通りですね。動物はほとんど本能で
動いていますから、ある意味むだがありません。
人間はなまじ頭が働くから余計なことを考える。
そのぶん、自然な動きがそこなわれてしまいます。
動物が一日机に座っているなんて変ですね。

投稿: ripple | 2009.10.28 20:57

★たにやんさん、
そうですね。創案者の発見は単純なのに後継者が
なにかと複雑にしてしまうようです。ブッダの教えも
単純なものだったのに、後世の人が複雑にして何万巻
もの経典になってしまいました。悲しいことです。
太い赤字の部分だけ実践すればいいと思います。

投稿: ripple | 2009.10.28 21:00

★スノウマンさん、
自分から瞑想をしているなんて立派ですね。
やはり、きちんとした指導者のもとで習得する
ほうが早道ではないでしょうか。ぜひとも
ヴィパッサナー瞑想の10日間コースをとって
ください。ぜったい後悔することはありません。

投稿: ripple | 2009.10.28 21:02

誤解を招くような書き方をして申し訳ありません。私はこれまでに2回、京都での10日間コースを経験しています。でもまだ千葉のセンターに行った事がないので、あのように書いてしまいました。

初めてのコースをとる前に、太田先生翻訳書とこのHPの体験記を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

投稿: スノウマン | 2009.10.29 11:01

★スノウマンさん、
申し訳ありません。人違いをしてしまいました。
ちょっと似たHNの方がいたもので、失礼いたしました。
千葉は行ったことがないので分かりませんが、近いの
でいいですね。ま、どんな環境でも瞑想できるといい
のですが。

グループ瞑想のほうは行ってらっしゃいますか?
ひとりで座るより二人で、あるいは数人で座るほうが
互いに助けあうのでいいように思います。(^-^)

投稿: ripple | 2009.10.29 13:08

グループ瞑想はこれまで吉祥寺で3回、田町で5回くらい参加しました。でもここ2年くらいは行っていません。
確かに、仲間と一緒だと心の励みになるので、睡魔にも襲われづらいかもしれませんね。

投稿: スノウマン | 2009.10.29 17:42

★スノウマンさん、
うちはさいわい妻もコースをとっているので、
どちらかがやめようと思っても促されて座る
ようになります。わたしは意志が弱いので
一人じゃとても座らないでしょう。(^-^)

投稿: ripple | 2009.10.29 17:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎日の瞑想 | トップページ | ジョウビタキ記念日 »