« けさの酔芙蓉 | トップページ | 世田谷美術館 »

2009.09.29

ホテイアオイ

昼休みにホテイアオイ(布袋葵、ホテイソウ)の花を見てきた。多摩川の鉄橋のすこし下流で、湾所ワンドになっているところに、ホテイアオイが群生している。何もなかったところに誰かがこの浮草を置いたら、それがあっという間に増えて水面を覆い尽くしてしまったという。まわりに水面が見えるが、それは釣り人たちがホテイアオイを引っこ抜いて取り除いたからだ。じつにタフな植物である。

Hoteiaoi4

Hoteiaoi5

布袋葵は茎が丸くて、七福神のひとり布袋様のお腹のように見えるのでこの名がついたという。この水草は、金魚などを飼うとき必ず浮かべたものだが、花の形や色は記憶にない。こんなにきれいな色をしているとは思わなかった。英語は water hyacinth 。花はヒヤシンスより大きいが、たしかに花のつきかたが似ている。

Hoteiaoi2


« けさの酔芙蓉 | トップページ | 世田谷美術館 »

コメント

水の上にふわふわ浮かびながら
咲いている様
浮き草人生
って感じもして
いいものですね^^

投稿: | 2009.09.29 20:54

多摩川にホテイアオイがこんなに繁殖していたんですね?!久地に住んでいた頃は、東名下辺りの湧水のある箇所によく遊びに行ってました。テナガエビを獲って水槽で飼ったり、クレソンを採ってきたり・・・・一度は小魚を獲るつもりのタモに大きなタイワンドジョウが入った時にはびっくりしました!それにしても多摩川の風景、懐かしいです。

投稿: エノコロ | 2009.09.29 21:42

おはようございます♪
すごいですね。こんな群生を初めて見ました。
この下は生きものでいっぱいなのでしょうね(^^)v
うちのホテイアオイも増え続けていますが、布袋様の
お腹の辺りをショウリョウバッタにシャリシャリと
食べられています(^^)

投稿: ミモザ | 2009.09.30 07:45

これだけの群生地は珍しいですね。沢山の人が見にくるでしょう。生命力の強い植物、魚の寝床なのですね。花も可憐です。

投稿: 10月のマルコ | 2009.09.30 08:36

★名無しさん、
五行歌を置いてくれたから、Keiさんでしょうか。
子供の頃、この水草はよく見ているはずなのに、
花は記憶にありませんでした。浮き草ぐらしね。(^^)

★エノコロさん、
久地に住んでおられた? それじゃあ多摩っ子だ。
今では多摩川もきれいになって宿河原堰の下では
けっこう鮎がつれるそうですよ。俳優の中本賢治
さんが、多摩川ガサガサ隊なんていうのを作って
子供たちを遊ばせています。

★ミモザさん、
あまり水面を覆ってしまうと魚も大変らしいです。
しかし、薄紫の花の群生は一見の価値があります。
そうだ、おたくの水槽にもありましたね。(^^)

★10月のマルコさん、
ところがね、釣り人以外、訪れる人はいません。
人々は忙しくて、ことさら関心を持っていないみたい。
土手から離れているので気がつかないのかもしれません。

投稿: ripple | 2009.09.30 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« けさの酔芙蓉 | トップページ | 世田谷美術館 »