« 作品96 | トップページ | 書留の意味 »

2009.09.25

モズの高鳴き

20日に寿福寺でモズの姿を見たが、望遠レンズがなかったので証拠写真にもならなかった。あれから、ときどきモズの鳴き声を耳にしている。けさ、生田浄水場のヒマラヤ杉の天辺にモズがやってきた。キーキッキッキッと甲高い声で鳴いている。いつもは十月に入ってからなのに、ことしはだいぶ早い。黒い眼帯があるからオスだ。そうっと近づいていったら感ずかれたらしく、どこかへ飛んで行ってしまった。これから縄張りが確定するまで高鳴きを聴くことになるだろう。

Mozu03
モズ♂、目のところに黒い眼窩線が見える

Mozu04
からだの大きさからは信じられないほど大きく通る声で鳴く

ウグイスが
春告鳥なら
モズは
秋告鳥だな
おかえり

« 作品96 | トップページ | 書留の意味 »

コメント

季節を感じさせる素晴らしい秋の歌です。
モズの顔、姿、ユーモラスですね。鳴いているのでお顔がふっくらしていて、ドラえもんを思いだしました。

投稿: 10月のマルコ | 2009.09.25 15:17

★10月のマルコさん、
のどがふっくらしているのは、なんかうまいこと声を共鳴させて拡大しているのだと思います。とにかくあんな小さなからだで大きな声を出すのですから。そういえば、秋の虫もそうとう大きな音を出しますね。(^-^)

投稿: ripple | 2009.09.25 17:40

タイムリーです!
今日、まさに間近でモズの声を聞きました。
車に乗る前で、車椅子の利用者の方と
しばらく止まって梢を見上げていました。

投稿: サマンサ | 2009.09.25 19:25

★サマンサさん、
秋口は縄張り宣言のため、
木の天辺で強く鳴きますね。
空気をを切り裂くようでしょう。
オスは精悍、メスは愛らしい。
肉食なのでスズメたちも逃げます。

投稿: ripple | 2009.09.26 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作品96 | トップページ | 書留の意味 »