« 部でやろう | トップページ | 冬瓜 »

2009.09.04

OLFA

カッターナイフのメーカーがほとんどOLFAになっているが、あれは日本の会社なのだそうだ。これは先日、テレビで得た知識である。OLFAはオルファと読めるが、ちょっと「黒いオルフェ」みたいで、いかにも外国の会社の名前のよう気がする。たとえば、フランスとかスイスとか、あるいは南米の会社とか、そんな雰囲気がある。

そのオルファの名前の由来が「折る刃」だと聞いて驚いた。つまり、カッターナイフは日本人の発明で、世界中に広まったものなのである。発明者は岡田さんという大阪の人で、切れ味の落ちないナイフはできないものかと思案していた。あるとき偶然、ガラスの破片で紙を切っている人を見た。刃先が切れなくなったら、新しくガラスを折って切っている。それで刃をつぎつぎに折って行けばいい、と気がついた。これに板チョコの原理を取り入れて、連続して折れるような刃を考案したというのである。

何度も何度も試行錯誤を重ねて、やがて、いまのようなカッターナイフができあがった。刃を折る部分の角度は59度、折り幅は小さいカッターで4mm。いずれも現在、世界基準になっているそうだ。カッターの名前は「折る刃」だからOLHA、しかしHを発音しない国もあるから、それをFにしてOLFAとした。いまや、そのOLFAのブランドが世界を席巻しているのである。

●カッターナイフの誕生秘話→OLFAのホームページ

わたしたちが
漠然と見ているものでも
求めている人には
宝石のように
輝いて見えるのだ


« 部でやろう | トップページ | 冬瓜 »

コメント

はじめまして。
神の啓示のように
求めていたものが目につく。

じつは無意識下にあって、
自分が探していたとか
小賢しいこと言わないで
偶然や運命を信じたいです。(*^ー゚)b

5行詩すてきですね。

投稿: つくれぼ | 2009.09.05 08:57

★つくれぼさん、
こんにちは、コメントありがとうございます。
江原さんじゃないけれど、偶然はない、みな
必然だという感じもしないではありませんね。
電車やバスに乗ったとき、となりに誰が座る
かは選べませんからね。その人が自分の人生
に大きくかかわってくることもある。

瞑想をするようになってから、とくにそういう
大いなる力を感ずるようになりました。
五行歌は自由なので楽にかけますよ。
たとえば、こんなぐあいに。

神の啓示のように
求めていたものが目につく
小賢しいこと言わないで
偶然や運命を
信じて生きていきたい

投稿: ripple | 2009.09.05 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部でやろう | トップページ | 冬瓜 »