« 木更津行 | トップページ | 日本の夏 »

2009.08.17

ヴィパッサナーの瞑想

Sng先日、youtubeを見ていたら、たまたまヴィパッサナー瞑想法の動画に出くわした。指導者ゴエンカ師のビデオもあれば、10日間コースの風景や体験者の感想などもある。なかでも国連の世界宗教者会議におけるゴエンカ師の演説はすばらしいものだった。体験者のビデオのなかに、「自分は一年間は朝晩一時間ずつの瞑想をつづけると決心した」という話があり、それに触発されて13日から朝晩、瞑想をすることにした。

→ゴエンカ師の演説(英語)

パニック障害をわずらったりして体調があまりよくなかったので、ずいぶん長いあいだ瞑想をしていなかったが、やってみると案外できるものだ。おもにアナパナという瞑想法で、鼻の孔を出入りする空気に意識を集中する。眠くなったり雑念がわいたら、ほんの少し強めの呼吸をして意識を鼻の下に戻すようにする。調子のいいときは、これにヴィパサナ瞑想を加える。ヴィパサナは、からだの感覚を感じ取ってゆく瞑想で、頭のてっぺんから足の先までの皮膚を直径5㎝ぐらいの範囲で感じ取ってゆく。あまり集中できないときは、頭全体、顔全体、からだの前、後などと、大きなブロックごとに感覚を感じていってもいい。

基本的には、アナパナで集中力を高め、その研ぎ澄まされた感覚でからだの感覚を見つめていくのである。皮膚が一通りすんだら、からだの内部の感覚も追ってゆく。心臓や肺は動いているので感覚をとらえやすい。あるとき、全身の感覚を一度に感じとれる瞬間がくる。そういうものに執着しないで、ひたすら座り続けると、少しずつ心の汚れが取れてゆくというのである。事実、朝晩一時間ずつの瞑想でも、なんとなく体調がよくなるし、ものごとが順調に進んでゆく感じがする。京子も座っている。いや、むしろ彼女のほうが熱心だ。

Pagoda
ヴィパッサナー瞑想センター(インド)

ヴィパッサナー瞑想法に興味がある方は、次を見てほしい。

→日本ヴィパッサナー瞑想協会ホームページ

→『ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門』

→ヴィパッサナー瞑想体験記(左のメニューからヴィパッサナー瞑想法へ)

いま
ここに
居つづけ
平静であれば
心は浄化される


« 木更津行 | トップページ | 日本の夏 »

コメント

おはようございます♪
ご無沙汰しました。今日から忙しくなりますので
思い切ってブログを少し休もうかと思います。
でも時間が出来た時は癒されに参ります。
↑も興味がありますので又、ゆっくり読ませて貰いますね。
まだまだ暑さが続きますが奥様とご一緒に素敵な夏を
お過ごし下さいね(^O^)

投稿: ミモザ | 2009.08.18 06:12

★ミモザさん、
けさも5時半から6時半まで一時間、瞑想しました。
けさは雑念が多かったので、ほとんどアナパナで
したが、一時間座るのは平気です。むかしは2時間
でも3時間でも座れたものですが。

瞑想は不思議です。自分が変わり、自分を取り巻く
世界が変わってゆくのです。

投稿: ripple | 2009.08.18 09:09

ヴィパッサナー瞑想センター。この建物にヴィパッサナー瞑想を表していると思いました。高層ビルには無い優しさ、慈悲の心でしょうか、魂の故郷を思いました。中にはダニエルがいるかも知れませんね。

投稿: 10月のマルコ | 2009.08.19 09:52

★10月のマルコさん、
パゴダのまわりにある小部屋は上級者たちの
瞑想の部屋だと思います。長いコースだと、
3か月コースなど半年コースなどがあるのだと
思います。心を浄化するには、①瞑想をする、
②社会に奉仕する、のふたつの道がありますが、
いずれも自我を捨てることによって成り立ち
ます。

このところ、毎日朝晩、瞑想をしていますが、
やはりいい変化が出ているようです。こだわり
が消えてゆくのが分かります。

投稿: ripple | 2009.08.20 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木更津行 | トップページ | 日本の夏 »