« お盆の献立 | トップページ | 送り火 »

2009.08.15

お盆さま

Obonsama_3
お盆の飾りつけ、ボールペンと色鉛筆でスケッチ。

上は巨大な鬼灯(ほおずき)、左右に篠竹を立てる。
うしろは昔から集めた掛け軸を飾る。
真ん中に阿弥陀様、位牌をならべる。
左右に花一対、果物、野菜、お茶などを供える。
キュウリとナスで馬と牛を作り 、霊の乗り物とする。
ミソハギを束ね、賽の目切りのナスを芋の葉にのせる。
提灯を組み立てて灯りをともす。
食事は上の棚、棚下には無縁仏用を供える。

お盆に
様をつけるのは
変だけど
ご馳走様とも
いうではないか

からだは朽ちても
霊は生きている
ブッダは
そうは説かなかったが
否定もしなかった

あの世が
あるかないかは
分からないが
あると思うのも
わるくない

« お盆の献立 | トップページ | 送り火 »

コメント

私も無意識に様をつけてしまうので、お歌を拝見して思わず、ほほえんでしまいました。
細やかなスケッチにも気持ちが和みました。

投稿: 京華 | 2009.08.15 18:48

写真よりも心が篭っているのを良く感じました。
手書き、手作りは何よりも人の心を暖めてくれますね。
東洋医学の心でもありますね。

投稿: | 2009.08.15 21:07

お盆さま・・・
良い呼び名だとおもいます
ご先祖さまを迎えて送るのですから

スケッチ、ステキですねぇ。
とても優しく描けています・・・

投稿: namiko | 2009.08.15 21:37

★京華さん、
日本語のやさしさでしょうね。
位牌などは写真に撮らないほうがいいと聞いて
いるので、鉛筆でスケッチをし、ボールペンで
描き、色鉛筆で彩色しました。細かいので時間
がかかりました。

★10月のマルコさん、
いくらよく観察しても写真にはかないませんが、
手書きの味というのは捨てがたいものですね。
描く人が投影されますから。

★namikoさん、
お盆の行事は、日本の夏の風物詩ですね。
スケッチは細かいですが、時間をかけてものを
見るというのは大切ですね。笹は線になってい
ますが、葉がまるまって細くなっているのです。
桃と梨が分かりますでしょうか。こんどは大胆
絵てがみみたいな絵を描きたいと思います。

投稿: ripple | 2009.08.16 10:30

はじめまして。私は神奈川の西部、足柄地方の物です。お盆の風習をしっかり受け継いでいられるようですね。近頃は仏様より自分が楽をする為手抜きをする家庭が多くなり残念です。当方は親戚の結束が固く、手抜きは出来ないので、しっかり盆棚を作りお迎えします。家人が亡くなったら3年間、小田原の板橋に有るお地蔵さまにお参りしなければならず、忙しいとか面倒とか有りますが親戚が集まっときに話題になるので、真面目にお参りしました。地域の風習や習慣は時として面倒になったり無意味では無いのかと思ったりもしますが、次の世代に残したいものは、伝承すべきだと思います。60代男性

投稿: 松田翁雪 | 2009.08.17 09:58

★松田翁雪さん、
はじめまして、コメントありがとうございます。
お盆の風習はきちんと守っています。とはいっても、すこしずつ簡素化しているのは事実です。地元の親類の家とはお互いにお棚参りをするのですが、先方からもうやめたいと言われる場合もあるし、お互いに世代が変わったからやめようという場合もあります。またホウズキのところにはイネ、枝豆、トウモロコシなどを飾ったものですが、農業が主ではないので、そういうお供えものもなくなりました。うちのほうは15日の夜に送り火を焚いてしまいます。16日のところが多いように思いますが、うちのほうは多摩川梨が盛んだったので、その関係で速いのかもしれません。いずれにしても、先祖を敬う気持ちは大切にしていきたいと思います。

足柄と聞いて思い浮かべるのは大雄山の道領様ですね。あそこの紅葉はきれいでした。(^-^)

投稿: ripple | 2009.08.17 11:02

我が家は郷里から離れて20数年、まともにお盆の行事やお墓参りをしたことがありません。私の方はクリスチャンだったり(祖父母の代までは仏壇もあり、お盆もそれなりに迎えてましたが)主人の実家もあまりこだわらなかったり(こちらは祖母がクリスチャンでした)・・・・川崎に越してきた時に生まれて初めてなすときゅうりの乗り物(その由来も)を知りました。昔からの風習を守り、自然体で先祖を大事にしていること、素晴らしいと思います。

投稿: エノコロ | 2009.08.19 14:17

★エノコロさん、
エノコロというHNがいいですね、ねこじゃらしさん。
こういう名前を選ぶところにも人柄がしのばれます。
因縁を寄せて守護をする、という言葉がありますから、
天は宗教に関心のない人を夫婦にしたりしますね。
あんまり宗教バカになるのもいただけませんが、ま、
自分の親、先祖を敬うことは大切なことだと思います。
要は「思い」が大事なので、形は二の次でしょう。
自分のDNAのルーツを思い遣るのはいいものです。(^-^)

投稿: ripple | 2009.08.20 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お盆の献立 | トップページ | 送り火 »