« モミジアオイ | トップページ | 夕涼みコンサート »

2009.08.09

百日紅

Sarusuberihana
サルスベリ

槿                むくげ
夾竹桃             きょうちくとう
百日紅             さるすべり
これを名づけて
夏の三大木の花

わたしは勝手にそう呼んでいる。


« モミジアオイ | トップページ | 夕涼みコンサート »

コメント

槿,夾竹桃,百日紅、夏の権現ですね。 木は寿命が人に近いだけ他の植物より身近に感じます。

投稿: | 2009.08.09 21:40

★10月のマルコさん、
この夏の三大木の花は、長く咲いている点でも
共通しています。とにかくタフな連中です。
余談ですが、草になるのが野菜、木になるのが
果物だそうで、本来、スイカやイチゴは野菜の
部類に入るそうです。(^-^)

投稿: ripple | 2009.08.10 09:35

幼いころ自宅のさるすべりの木に登った思い出があり木の幹がすべすべだったのを覚えています。wink
~木は寿命が人に近いだけ他の植物より身近に感じます。~になるほど、そうかとおもいました。
漢字でこう書くことを知ったのは5年くらい前でした。
 余談ですが、そのままの読みで千日紅 も夏から長く咲いててくれる草花で、共に前の家を思い出す夏の景色です。

投稿: みお | 2009.08.10 13:21

★みおさん、
サルスベリの幹は本当に猿もすべりそうな感触ですね。
つるつるしてひんやりしたのを覚えています。
じつは木となると、ひとの寿命をはるかに超えて、
何百年、何千年と生きるのがいますから、畏れいります。
屋久島の縄文杉なんて、気が遠くなるほど長生きですね。
ものが喋れたら、歴史の生き証人ということでしょうか。

投稿: ripple | 2009.08.10 14:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モミジアオイ | トップページ | 夕涼みコンサート »