« 驟雨 | トップページ | 大腸内視鏡検査 »

2009.08.25

マッケンジー体操

腰の激痛・しびれが消えたー91%に効いた革命的腰痛体操を新発見! 例によって、『壮快』は刺激的な見出しをつけて読者の心をくすぐる。それに引っかかって10月号を買ってきた。表題の記事は、マッケンジー体操のことだった。この体操は以前から紹介されており、革命的腰痛体操の新発見ではない。ゆっくり腰を反らす体操なのである。ゆっくり腕立て伏せの姿勢をとり、からだを反らしていく。10回やりそれを2セットほど行うと書いてある。

Mckenzie
マッケンジー体操→ こちら

一般に、ぎっくり腰は腰が前屈してしまった場合が多く、へっぴり腰になって、腰を伸ばすことができない。だから、腰を丸くして横になって安静にしているのが無難である。また強烈な痛みがあるときは、そういう姿勢しかとれない。腰を反らすなど、もってのほかなのだ。だから、たいがい医者も腰を反らせてはいけないと言う。

椎間板ヘルニアなどの場合、腰が前屈したために椎間板が後方に押し出され、それが神経を刺激して痛みを生じていると考えられる。だから軽いヘルニアなら、腰を後屈させる(反らせる)ことによって、後方に移動した椎間板がもとに戻る可能性がある。うまく戻れば神経刺激もなくなり、腰痛が治るというわけだ。

Kasetsu

ほんらい、腰は前屈しているよりやや後屈しているぐらいがいい。だから、この「腰反らし体操」は、正しい姿勢に戻そうという体操なのである。真向法の第四体操もこれと同じである。うちでは患者さんに、腰痛の予防体操として、仰向けになって腰に枕を入れ、腰を反らせる体操をすすめている。これも考え方は同じである。

ただ急性期には、痛みがひどくて腰を反らすことができない場合が多い。からだが反るのを嫌い、前屈したがっているからだ。そのときは、からだが望む通り、大きくゆっくり前屈させたほうがいい。痛みがらくになる方向に持っていく。これが、うちの治療の半分を占めるカウンターストレインという手技療法である。カウンターストレインについては、「陽気堂はり治療室」のホームページのメニュー欄「カウンターストレイン」に行けば、詳しい説明がしてある。

http://homepage2.nifty.com/yokido/

« 驟雨 | トップページ | 大腸内視鏡検査 »

コメント

マッケンジー体操,面白い発想ですね。早速試してみましょう。腰痛の人益々増加しています。不安とストレス、身体の弱体化が抵抗力、抗ストレスホルモンの分泌低下、気力の低下、重なり起きている思いました。アフリカ人が治療に見えていますが、殿筋皆発育良好です。

投稿: 10月のマルコ | 2009.08.27 08:50

★10月のマルコさん、
ゆっくり行うかぎり、危険はないと思います。
わたしは瞑想するときも、腰を入れ、からだの
重心線をまっすぐに保つようにしています。
このあいだの女子マラソンを見ていましたが、
おっしゃるように、アフリカ勢の殿筋の発達は
すばらしいですね。すごい!

投稿: ripple | 2009.08.27 10:03

ご無沙汰しています。この頃さぼっていたので・・

私はジムで、パワーヨガをやっていて、太陽礼拝という一連の動きが中心なのですが、このポーズを繰り返し行います。(アップドックのポーズ)このあと、手と足を床につけて、尾てい骨を一番高い位置に、三角形を作る、ダウンドックのポーズが続きます。
腰痛にいいとは知りませんでしたが、ヨガの後はとてもすっきりします。

この手の雑誌は、ついつい文句につられて買うことあります。私は、○○でやせる、というのに釣られるんですが・・・

投稿: めろん | 2009.08.30 22:43

★めろんさん、
信州のぽうへ旅行に行かれたのですね。
扉温泉の明神館は私たちも新婚旅行で行きました。
信州はなにか私たちの故郷のようなところですね。
腰は反り気味ぐらいがいいのです。体操をすること、
あとは座る姿勢に注意して、あまり背中や腰を
まるめないことが大事ですね。悪い姿勢というのは
大体だれが見ても格好わるいものです。(^-^)

投稿: ripple | 2009.08.31 15:52

初めまして。

カウンターストレインに興味があり、いろいろと調べています。

マッケンジー体操は腰方形筋のカウンターストレインと考えてよろしいのでしょうか?

先生が実施しておられる腰方形筋のカウンターストレインとはどのようなものなのでしょうか?

投稿: マッスル | 2012.06.14 18:32

★マッスルさん、
コメントありがとうございました。
お名前からして筋肉の研究者と察します。

マッケンジー体操は腰方形筋の
カウンターストレインにはなりません。
腰方形筋の筋力アップにはなるかもしれません。

腰方形筋のカウンターストレインは患者を
うつぶせにして患側の大腿を持ち上げていきます。
胸にバストマットをかうといいでしょう。
片方の手で腰方形筋がゆるむのを触診して
治療姿勢をさがします。

投稿: ripple | 2012.06.14 18:46

先生、早速のご回答ありがとうございます。

マッケンジー体操でも腰方形筋は緩んで圧痛も取れるのかと思っていました。

脊柱起立筋などの他の筋肉も働いてしまうのでダメなのかと勝手に推察しています。あと、両側を一度にやるのはカウンターストレインの手法にはないですね。間違っていたらすみませんm(_ _)m

うつぶせで大腿を持ち上げる時は膝は伸ばしたままで大丈夫ですか?

投稿: マッスル | 2012.06.14 21:19

★マッスルさん、
筋肉をたるませるのがねらいですから、
目的の筋肉が緊張する姿勢はとりません。
他動的に伸展姿勢をとればゆるみます。
両側同時にやる場合もありますが、
両側に圧痛点が出たときは強い方から
やります。術者もらくなことが大切です。
膝は曲げても伸ばしてもかまいません。

投稿: ripple | 2012.06.15 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 驟雨 | トップページ | 大腸内視鏡検査 »