« 雨の鎌倉 | トップページ | 作品84 »

2009.06.25

ホトトギス

朝の浄水場
鶯と時鳥の
歌が聴こえる
託卵を想うと
ちょっと辛い

時鳥:ホトトギス(カッコウの仲間)

カッコーは
ウグイスの巣に
卵を産み
育てさせる
不条理なことよ

a cukcoo
lays an egg
in a warbler's nest
and lets it hatch and feed;
what an abusurdity!

« 雨の鎌倉 | トップページ | 作品84 »

コメント

子孫を残すとは、他を侵略し他を排除する事なのですね。人口増加も、昆虫、野生生物を侵略しているのですね。宇宙開発も高次元でみると人の領域を超えて、侵略しているのとかわらないかも知れませんね。大航海時代に、インディオを大量虐殺したのも、今の時代の戦争も、そう変わりませんね。

投稿: 10月のマルコ | 2009.06.26 15:43

★10月のマルコさん、
それぞれが子孫を残そうと必死ですね。
でも限られた種だけが過剰になると、
イナゴのように大量発生して大量死する。
人間も増えすぎたから、大量死する可能性
がありますね。戦争か、ウイルスか、
天候異変か、巨大隕石の衝突か?

投稿: ripple | 2009.06.26 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の鎌倉 | トップページ | 作品84 »