« 作品84 | トップページ | 第四回サマーコンサート »

2009.06.26

趣味人(シュミート)

二ヶ月ぐらい前から、中高年のミクシィといった感じの趣味人倶楽部に入っている。趣味人倶楽部と書いて「シュミートクラブ」と呼ぶところなんぞは洒落ている。ミクシィは、はじめは面識のある人たちだけが紹介し合うコミュニティーだったが、だんだんその原則が破られ、若者に占拠されてしまったところもある。そこへ行くと、趣味人倶楽部の人たちは良識も礼節もあって、落ち着いた雰囲気である。ここで私は、英会話、五行歌、山野草、健康法、写真などのグループに入っている。

ありがたいのは、花の名前などが分からないときなど、掲示板で尋ねると、すぐ教えてもらえることだ。わたしがお知らせすることもあるが、ベテランが多いので、ほとんど教えてもらうことばかりである。先日も、うちの庭に妻が植えたヒマワリの名前が分からなくなってしまったので、写真をアップロードして訊いてみた。これは難解だったらしく、キバナコスモスとかキンケイバイといった名前が出た。

けさ、宿根ヒメヒマワリ(ヘリオプシス)だと教えてくれた人がいて、その名前で画像検索をしたら、間違いないことが分かった。そのとき、ヒマワリはキク科であること、ヒメヒマワリはキク科ヒマワリ属だが、宿根ヒメヒマワリはキク科ヒマワリモドキ属であることがわかった。そもそも、向日葵がキク科であることを知ったのも今日である。

Himehimawari2
宿根ヒメヒマワリ

Himehimawari1
宿根ヒメヒマワリ

それから、おととい鎌倉で紫色の花をつけたネムノキのような木の名前も知りたかったので、きょう写真をアップした。そうしたら昼休みにはもう一発で回答が出ていた。ジャカランダという名前の木だそうだ。アルゼンチン原産で街路樹などに植えられるが、その神秘的な美しさから、だれがどう決めたか分からないが「世界の三大名花」の一つなのだそうだ。場所を教えたら、さっそく見に行くという人がいるから驚いた。でも、たしかに一見の価値はある。しかも、花はこの時期しか咲かない。そんなわけで、趣味人倶楽部には大変お世話になっている。

Jacaranda1
ジャカランダの花

Jacaranda2
ジャカランダの花

趣味人を
シュミート
と読んで
粋な
コミュ


« 作品84 | トップページ | 第四回サマーコンサート »

コメント

こんばんは~!ご無沙汰しております。
この季節は毎年体調が悪くて困ります。
だるくて何をする気にもなれずブログも長い間、
更新できず怠け放題で困っています^_^;
驚いたのですが、私も数ヶ月前に趣味人倶楽部に
登録はしたのですが、手が回らず放置状態です。
「粋なコミュ」だったのですね。知りませんでした。

投稿: ミモザ | 2009.06.26 22:08

趣味人倶楽部・・・私の世代もこちらの方がしっくりきそうですね。

以前ブログも開設していたのですがやめました。
スパムが多くなってうんざりです。
rippleさんはどのような対策をされていますか?

投稿: あおむし店長 | 2009.06.27 02:09

★ミモザさん、
うちもアクセス数をみると最近は少し落ちていますね。
梅雨はなんとなく元気がなくなるのでしょう。
趣味人倶楽部は相性が合えば楽しいと思います。
50歳以上の人が多いので礼節をわきまえているし、
信頼ができます。さしあたって、グルメのコミュなんていうのはどうでしょう。(^-^)

★あおむし店長さん、
スパムにはずいぶん悩まされた時期もありましたよ。
以前は、自分で「未承諾」とか「AV」などを禁止用語にして
シャットアウトしたり、変なURLを拒否したりしていましたが、
最近はプロバイダに300円/月でカットしてもらい、マカフィーで
セキュリティーをかけているだけです。ヴィスタにしてからは、
ほとんどスパムは来なくなりました。寂しいくらいです。(^-^)

投稿: ripple | 2009.06.27 10:35

プレトリア(南アフリカ)にジャカランタを見に行った人から写真を見せて頂いた事があります。日本にもあるのですね。プレトリアには約7万本ものジャカランタの並木が在るそうです。現地の日本人は紫の桜と呼ぶそうです。
一度観てみたいです。情報感謝します。

投稿: 10月のマルコ | 2009.06.27 15:21

★10月のマルコさん、
趣味人倶楽部の庭木のコミュに写真を出したら、
すぐにも見に行くという人がいて驚きました。
いまごろ鎌倉の八雲神社のあたりはけっこう人が
出ているかもしれません。(^-^)
とにかく美しい花で、しばし見とれていました。

投稿: ripple | 2009.06.27 15:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作品84 | トップページ | 第四回サマーコンサート »