« ブラスの響き | トップページ | 不思議な花 »

2009.06.01

ヨコミネ式教育法

きのう岡田ジャパンはベルギーと親善試合を行い、なんと4-0で勝利した。細かく速いパス回しに肉食の大男たちもついていけない感じだった。小柄な日本人選手が大男たちのあいだを縫ってゴールを決めるのは小気味がいい。

そのあと、チャンネルをいじっていると、エチカの鏡とかいう番組に目が止まった。横峯吉文という人が独特の幼児教育をしているという話だった。この人は女子プロゴルファー・横峯さくらの叔父さんらしい。幼稚園児たちが逆立ちをして歩いたり、高い跳び箱を跳んだり、漢字や九九をやっている。人間の脳みそは3歳から5歳ぐらいにかたまってしまうので、そのころまでに「やる気」を起こさせて、いろんな可能性を引き出してやるのだという。横峯氏によると、子供を「やる気」にさせるには、四つのスイッチを入れてやればいいそうだ。それは、

1.子供は競争したがる。駆けっこ、逆立ち、跳び箱など。順位をつける。
2.子供は真似をしたがる。絶対音感をつける。
3.子供は少し難しいことをやりたがる。文字の学習。カタカナ→ひらがな。
4.子供は認めてもらいたがる。読んだ本のタイトルを記入していく。達成感。

つい、こんな教育をしてもらったらよかったなあと、思ってしまう。小さいうちにからだを充分動かしておけば、小脳や大脳が発達し、判断力や記憶力がつくことは間違いない。所詮、実社会は競争ではないか。負けることに耐える強い心も養える。可能性を広げてやれば選択肢が増えて、いろいろその後の人生に役に立つだろう。

子どものうちは
辛いことも
けっこう平気で
乗り越えて
行くものである


« ブラスの響き | トップページ | 不思議な花 »

コメント

小さい頃の教育って大切なんでしょうね。
私は、過保護に育てられて、あれも危ない、これも危ないって、いろんなこと禁止されてました。プールも、汚いって言って禁止。それで、ずっと運動が苦手でした。
今、スポーツクラブに通ってるのが自分でも嘘みたい。
横峰式で育てられたらって思います。

上高地、素敵ですね。新婚のころ行って以来なので、行きたいなぁ。

昼顔、ドヌーブの映画みましたよ。ドヌーブ、憧れの人です。

投稿: めろん | 2009.06.01 21:27

人間の脳みそは3歳から5歳ぐらいにかたまってしまう.
面白い考えですね、幼児教育の重要性を感じます。

投稿: 10月のマルコ | 2009.06.01 22:07

★めろんさん、
子供の力はこんなもの、と大人が決めつけてしまう
ところがありますね。子供にはほとんど無限の可能
性があるのに。からだをうんと使うことが鍵のよう
な気がします。

旅行は決断してしまえば意外に簡単に行けるもので
すが、あとで、が本当にあとでになってしまう。
思い立ったが吉日としましょう。

高校生のころ見たので、生つばものでした。(^-^)

投稿: ripple | 2009.06.02 08:46

★10月のマルコさん、
子供のやる気を起こさせるスイッチというのが
面白いですね。からだを動かし、あとは「はい」
と「ありがとう」を教え込めば十分のような気も
しますが。

投稿: ripple | 2009.06.02 08:48

ニーハオ 
ripple さんもヨコミネ式見たんですね。
ブリッジした子供達がこちらに向かって押し寄せてくる
映像は衝撃でしたね。
逆立ち、股割りもやってるので野口体操、真向法みたいで
嬉しかったです。

さっそくネットで探したら、なんとわが家のすぐそばの
桜台保育園がこれを取り入れていました。
地元でそんな話題を聞いたことないところをみると
あまり本格的ではないのかも。

横峯さくらもトーナメントの時に逆立ち歩きやってほしい。

投稿: マッコウオヤジ | 2009.06.02 09:12

★マッコウオヤジさん、
ニンハオ!

ブリッジ歩きは人間とは別の生き物みたいでしたね。
宙返りや片手前転なども度肝を抜かれました。
幼稚園児ですからねえ。それから、カタカナから教え
てゆくのはいいことですね。直線から曲線へと。
あと絶対音感もすごい。鳥がシシファと鳴いている
だって、たまげますなあ。(^-^)

投稿: ripple | 2009.06.02 14:22

子供が2歳まで通山保育園に通っていました。
アトピーで、保育園スタッフの配慮や何でも気さくに相談できる姿勢が好きで、逆立ち歩きやピアノが引けて当たり前という感覚は転勤して「あたりまえではなく、スタッフの力で子供の能力を引き出してもらっていたんだと気付かされました。」

スパルタチックに放映されていたのが、少々残念(=_=)
一人ひとりに合わせたスタッフの対応にびっくりしますよ。

でも、横峯先生の信念が(子供への情熱が)あるからこそ、なんでしょうね。

投稿: 輝ママ | 2009.06.03 10:16

★輝ママさん、
コメントありがとうございます。
そうでしたね、ちょっとセンセーショナルな報道
すぎましたね。こどもにあれだけ体を使わせれば、
もうそれだけどもそうとう脳が発達しますね。
それに音楽や文字指導がすぐれている。子供には
本人が喜んでやるという気を起こさせることが
なにより大切ですね。横峯先生は、えらい!

投稿: ripple | 2009.06.03 18:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブラスの響き | トップページ | 不思議な花 »