« 日比谷公園 | トップページ | 作品77 »

2009.05.06

『五行歌誌』5月号投稿歌

人混みの中に
いるのに
いや、だからこそ
たまらなく
寂しいことがある

子供のころ
掛けてもらった
優しい褒めことば
いまでも
胸が熱くなる

深呼吸して
心を落ち着かせよう
すると
見えないものが
見えてくる

怒ってなんかいない
と怒鳴る人がいる
泣いてなんかいない
と涙を流す人がいる
心はままならない

突っ張らないで
しなやかに
生きるほうがいい
春の嵐になびく
草木をごらん

やったことの
結果は出る
もちろん
やらなかったことの
結果も

« 日比谷公園 | トップページ | 作品77 »

コメント

心の情景、心のジレンマを詠いましたね。素晴らしい表現と思いました。
子供のころ
掛けてもらった
優しい褒めことば
いまでも
胸が熱くなる
この歌が好きです。

投稿: 10月のマルコ | 2009.05.06 17:35

★10月のマルコさん、
ちなみに、新百合ヶ丘歌会では次の歌が好評でした。

突っ張らないで
しなやかに
生きるほうがいい
春の嵐になびく
草木をごらん

投稿: ripple | 2009.05.07 17:21

こんばんは~!沢山投稿されたのですね。

やったことの
結果は出る
もちろん
やらなかったことの
結果も

これは因果応報ですね。↓の記事に神のことがありましたが、
私は仏教系だと思うので、こういう歌にはかなり反応してしまいます。

投稿: ミモザ | 2009.05.07 21:16

★ミモザさん、
以前は会員だったので4首出して3首載せてもらいました。去年の夏から同人になったので6首出して5首載せてもらえるようになりました。そのぶん駄作も増えました。(^-^) わたしもブッダの瞑想、ヴィパッサナー瞑想法をやっているので仏教系ですが、神道にも縁がありました。因縁思想は似ていますね。

投稿: ripple | 2009.05.07 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日比谷公園 | トップページ | 作品77 »